取引所発行のBinance coinバイナンスコイン(BNB)について

仮想通貨の取引所は世界各地にありますが、中国にあるBinanceという取引所の仮想通貨取引量が世界一になりました。

もちろん人口が世界一の国なので、取引量が増えるのも当然ですが、日本の取引所では扱っていないアルトコインもあるため、日本のユーザーの多くも利用しています。

Binanceがトークンとして発行したのがBinance coin/バイナンスコイン(BNB)ですが、どのような特徴があるのでしょう。

この記事を読んだらわかること

  • Binanceが取引所にもかかわらず独自仮想通貨を発行した理由
  • BNBにはどのようなメリットがあるのか
  • 仮想通貨の将来性がわかる

概要

中国の仮想通貨取引所の中でも大手に含まれるBinanceが独自に発行したトークンが、BNBです。

Binance coin/バイナンスコイン(BNB)がリリースされたのは、2017年7月であり、比較的歴史の浅いアルトコインに含まれます。

発行総数は最大で2億BNBと事前に決められており、これまでに1億BNBがすでに発行されています。

仮想通貨取引所であるBinanceが、独自の仮想通貨が発行した理由は、取引所を活性化するためであると言われています。

独自トークンが活発に取引されるようになれば、他の仮想通貨の流通も良くなるだろうという考えです。

結果として、2017年7月に誕生した取引所であるにもかかわらず、2017年12月には仮想通貨取引量が世界一になったので、独自トークン発行はかなり成功したことがわかります。

特徴

Binance coinには、次のような特徴があります。

  • イーサリアムのブロックチェーン上で発行された
  • ERC20規格のアルトコインとの交換が簡単

Binance coin/バイナンスコイン(BNB)は、イーサリアムのブロックチェーンを利用して発行されたトークンです。

一般的にはERC20トークンと呼ばれており、同じタイプのトークンにはQtumやAugerといった仮想通貨があります。

イーサリアムのブロックチェーン上で発行されているため、イーサリアムと同じ特徴があります。

1つが、ブロックチェーン上に設定した契約に従って、自動的に支払いが行えるようになるスマートコントラクトという機能です。

BNBは、イーサリアムの良いところを残したまま、取引所の独自トークンという特性がある独特な仮想通貨と言えるでしょう。

ERC20であるということは、イーサリアムやQtum、そしてAugerといった仮想通貨との互換性があるという事になります。

通常、仮想通貨はブロックチェーンのタイプが異なるため、交換がスムーズにいかないものです。

しかしイーサリアム上に作られたERC20トークンとは非常に近い関係であり、さらにウォレットが共通であるため、他のERC20トークンとの取引は簡単です。

Binanceでは、Bicance coinに加えて、先ほどのQtumやAuger、そしてイーサリアムを扱っているので、気軽に交換もできます。

とても便利な仮想通貨ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット

仮想通貨取引所の発行した独自トークンで、取引手数料が非常に安く設定されています。

取引手数料は取引所によって異なりますが、通常は安くても0.3%ほどの取引手数料がかかるものです。

Binanceの取引手数料は、もともと非常に低く0.1%に設定されていますが、口座開設から4年間は0.1%の手数料からさらに割引がされます。

1年目は手数料が50%引きであり、2年目は25%引き、3年目は12.5%引き、4年目は6.75%引きという数字です。

ですから最初の年は、取引手数料は0.05%になるので、他の仮想通貨よりもかなりお得に取引できるでしょう。

また、Binance coin/バイナンスコイン(BNB)の価格は急落しづらいメリットもあります。

Binanceは、4半期ごとに取引所が記録した利益の20%を買い戻すと発表しています。

この発表にしたがって計算していくと、最終的にはBinanceがBNBの50%となる1億BNBを買い戻す計算になります。

1億BNBとは、Binance coin全体の半分になり、すでに発行されている総量です。

Binanceが利益分を買い戻すたびに、供給よりも需要が増えることになり、必然的に価格は上がります。

これほど大量にトークンを購入することが決まっているので、BNBの価格が急激に下がる危険性を減らすことができます。

もう1つのメリットは、現在のBinanceは中国政府の規制を受けづらいことです。

以前は本社を経済特区である香港に置いていましたが、中国政府の規制の影響を全く受けないわけにはいきませんでした。

中国に本社のある他の取引所は、いつ中国政府の考えが変わるのか戦々恐々としており、さらに市場は規制を懸念して、中国トークンの購入を控えることもあります。

しかしケイマン諸島からの要請によって、Binanceは本社を移すことになり、結果として中国政府からの規制を受けづらい環境になりました。

また納税の面でも本社移転はかなり良い条件になるため、取引所としてメリットのある変化と言えるでしょう。

こうした変更は、仮想通貨Binance coinにも良い影響を与えます。

デメリット

中国大手の取引所であるため、Binance coin/バイナンスコイン(BNB)は取引量も多いですが、デメリットもあります。

取引をする場合、特定のトークンのデメリットについてもチェックしておく必要があります。

1つ目のデメリットは、Binanceは日本語に対応していません。

以前、取引所は日本語にも対応していたため、日本人にとって取引はしやすいものでしたが、突然日本語対応が無くなってしました。

金融庁からの認可を受けていないにもかかわらず、日本で業務を行おうとしていると抗議を受けたことが原因と言われています。

Binanceが日本での展開を考えていると金融庁が判断したのは、Binanceがすでに日本語に対応している事が理由だったようです。

そのためBinanceは、金融庁の指摘が間違っていることを証明するため、日本語の表記をなくしたわけです。

一連の流れは理解できますが、ユーザーにとって日本語がなくなったことは、デメリット以外のなにものでもありません。

Binance coinのもう1つのデメリットは、運営者の情報が非常に少ない点です。

Binanceの創業者はOKcoinという取引所の創業者、チャオ・チャンコン氏ということは分かっていますが、これ以上の情報があまりありません。

仮想通貨取引所についての情報が少ないことは、取引所への信頼性に大きな影響を与えるため、大きなデメリットでしょう。

もう1つのデメリットは取引所として日本の金融庁の認可を得ていないため、日本円を取引所に入金できないことです。

バイナンスコイン(BNB)を購入するためには、まず日本の取引所でビットコインなどを購入してから、Binanceの口座を開設して送金しなければなりません。

実際の取引を始めるまでに、少し時間がかかってしまうのもユーザーからするとデメリットになります。

まとめ

Binance coin/バイナンスコイン(BNB)は、取引所Binanceがイーサリアムのブロックチェーンを使用して発行した独自トークンです。

独自トークンであるため、取引手数料はもともと優遇されており、口座開設から4年は手数料の割引を受けられます。

また取引所として4半期ごとに利益分を買い戻すと発表していることから、価格が急激に下落する可能性は低いと言えるでしょう。

とは言え、仮想通貨をリリースしてからの時間があまり経っていないことや運営会社についての情報が少ないことは懸念材料です。

Binance coin/バイナンスコイン(BNB)のメリット・デメリットをよく見極めてから、購入を検討しましょう。

関連記事

Stellar Lumensステラ(XLM)は今後の成長が期待される?

Ethereum Classicイーサリアムクラシック(ETC)の特長と今後の期...

高い技術で作られたPopulousポピュラス(PPT)の今後について

仮想通貨の取引所・販売所の選び方と仕組みについて知っておこう

Bitcoin Cashビットコインキャッシュ(BCH)はどこが進化したの?

NEMネム(NEM)の実力は?流出後も注目の通貨