Bitcoin Cashビットコインキャッシュ(BCH)はどこが進化したの?

Bitcoin Cash/ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコインから新しく生まれた仮想通貨です。

基本的な機能は受け継いでいると言われますが、ビットコインから進化したポイントとはいったい何でしょうか。

この記事を読んだらわかること

  • ビットコインキャッシュの特徴
  • ビットコインキャッシュが持つメリットとデメリット
  • ビットコインから進化したポイント

概要

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインのハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

ハードフォークというのはブロックチェーンを拡張する対応のことで、ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題を解決する手段のひとつとして実施されたものです。

ブロックチェーンにおいてハードフォークを実施すると、前後でブロックの互換性がなくなるため、別の通貨が生まれることになるのです。

その性質から、ハードフォークは分裂と呼ばれることもあります。

ビットコインの性能を受け継いだ上で問題点の克服をテーマに生まれたビットコインキャッシュは、ビットコインの上位互換ともいえる通貨なのです。

時価総額ではイーサリアムやリップルに次いで、4位に位置しています。

またビットコインとビットコインキャッシュは名前が似ているため、混同しないように気を付ける必要があります。

通貨単位はビットコインがBTC、ビットコインキャッシュがBCHです。

一部でビットコインキャッシュをBCCと表記することもありますが、これはビットコネクトという別の仮想通貨と重複するため、現在ではBCHが一般的になっています。

通貨が違えば値段もまったく変わってくるので、取引所などで通貨を売買する際は注意しましょう。

ビットコインのハードフォークによって生まれた仮想通貨の第1号が、ビットコインキャッシュです。

その後も続々とハードフォークは実施されており、これまでにビットコインから生まれた仮想通貨には次のようなものがあります。

  • 2017年8月1日 ビットコインキャッシュ
  • 2017年10月24日 ビットコインゴールド
  • 2017年11月25日 ビットコインダイヤモンド
  • 2017年12月12日 スーパービットコイン
  • 2017年12月31日 ビットコインウラニウム
  • 2018年3月1日 ビットコインプライベート

ビットコインキャッシュはいわゆる亜流のビットコインの中でも特に、ビットコインが目指した本質に忠実な正統派といわれています。

もちろん他の通貨に欠点があるということではありません。

あらゆる機能を備え、すべての分野で便利に使える通貨など元々存在しないのです。

通貨にはそれぞれに一長一短があって、想定されている用途も異なります。

ビットコインが抱える問題を解決するため、また足りない機能を補うために次々と新しい通貨が生まれています。

中でもビットコインキャッシュは、サトシ・ナカモトの提唱したビットコインの理想に最も近いということです。

その理想とは、第三者機関を必要とせず安全かつ確実に、そして高速に電子決済を行うことです。

特徴

ビットコインと比較したときのビットコインキャッシュの主な特徴、進化したポイントを確認してみましょう。

  • ブロックサイズが
  • リプレイアタックに対応

ビットコインのブロックサイズが1MBであるのに対し、ビットコインキャッシュは8MBに拡張されています。

ブロックチェーンでは決められたブロックサイズを超えるデータは無効とされ、記録対象になりません。

そのようなデータが増えてくると処理速度が遅くなり決済に遅延が生じる、いわゆる送金詰まりが起こります。

つまりビットコインが抱えるスケーラビリティ問題は、ブロックサイズが小さいことに起因しているのです。

ビットコインキャッシュはブロックサイズを8MBに拡張することにより、高いスケーラビリティを実現しています。

リプレイアタックというのはネットワークに対する攻撃手段のひとつです。

仮想通貨のブロックチェーンでは、分裂前のブロックチェーン上で行われた取引の情報を盗んで分裂後のブロックチェーンに適用し、不正な取引情報を生成するというものです。

この攻撃によって、資産を奪われてしまう恐れがあるわけです。

リプレイアタックへの対策はリプレイプロテクションといって、ハードフォークによって生まれた仮想通貨では重要な機能です。

メリット

ビットコインキャッシュが持つメリットには次のようなものがあります。

  • 処理速度が早い
  • 将来性が高い

ブロックサイズを拡張したことで、効率よく高速でデータを処理できるようになっています。

1秒あたりの処理件数がビットコインは7から14件であったのに対し、ビットコインキャッシュは20から最大92件と、大幅に向上しています。

そのため送金詰まりを起こすことなく、快適な決済が行えるのです。

ビットコインから大きく進化したポイントと言えるでしょう。

このように機能面で優れたビットコインキャッシュは、今後仮想通貨業界で主流となる可能性を秘めています。

ビットコイン財団の創設者の1人であるロジャー・バーが、ビットコインキャッシュこそが真のビットコインであるとのツイートは有名な話です。

彼は2011年、まだ1ビットコインの値段が1ドルだった頃から投資を始め、その後億万長者になったことでビットコインの神と呼ばれている人物です。

また、彼以外にもビットコインキャッシュがビットコインを超えると予想する人はとても多いのです。

かつて存在したビットコインクラシックという通貨の開発陣は、ビットコインキャッシュが2018年5月までに正式なビットコインになるとまで明言しています。

ビットコインクラシックは同じくビットコインからのハードフォークを目指した通貨ですが、ビットコインキャッシュの誕生によって現在は役割を終えています。

ビットコインキャッシュは将来性の高さから、投資対象としても熱い注目を集めています。

まだビットコインほど値段が上がっていないため、投資がしやすい点もメリットのひとつです。

2018年4月6日現在で値段は約7万円で、ビットコインの10分の1ほどに過ぎません。

しかし2年前のビットコインが現在のビットコインキャッシュよりも安かったことを考えると、今後ビットコイン以上に値上がりする可能性は大いにあるといえます。

デメリット

ビットコインキャッシュが持つデメリットは次の通りです。

  • 知名度が低い
  • 決済に使用できるシーンがない

ビットコインキャッシュはビットコインほど知名度が高くなく、実際に決済手段として使えるところもありません。

実用化への取り組みが課題のひとつであると言えるでしょう。

この部分では現在ビットコイン決済に対応している店舗を中心に、今後ビットコインキャッシュにも対応する店舗が増えてくると予想されています。

ビットコインキャッシュはビットコインが不向きとされる少額決済にも適しているため、長期的にみてビットコインよりもシェアを伸ばす可能性があるのです。

また今後新たなアルトコインが生まれて急騰した場合に、相対的に価値が大きく下がる事態も否定はできません。

2018年5月にはビットコインキャッシュのブロックサイズを32MBに拡張するハードフォークも予定されています。

こうした後発のアルトコインがどう展開されていくかという点も注目されます。

まとめ

ビットコインの問題点を克服したビットコインキャッシュは、安全かつ高速に決済ができる仮想通貨です。

いずれはビットコインをも超えると期待されている将来性に、今後ますます期待が高まっていくでしょう。

関連記事

金の所有を証明できるDigix DAOデジックスダオ(DGD)とは

IOTアイオタ(IOT)は革命的な仮想通貨なのか?

VeChainヴェチェイン(VEN)とは?真贋判定を持った仮想通貨

仮想通貨の取引所・販売所の選び方と仕組みについて知っておこう

Rippleリップル(XRP)はなぜこんなにも注目されているのか?

注目の通貨Ethereumイーサリアム(ETH)は今後どうなる?