金の所有を証明できるDigix DAOデジックスダオ(DGD)とは

Digix DAO/デジックスダオとは、イーサリアムを土台にしたプラットフォームであり、プラットフォーム上のトークンがDGDです。

現実に存在する金をデジタル化し、財産として保有するという画期的な方法であり、非常に注目されている仮想通貨です。

この記事を読んだらわかること

  • 金をデジタル化するいくつかの方法の中でDGDが注目されている理由
  • 金をデジタル化する意味
  • Digix DAO/デジックスダオ(DGD)の将来性がわかる

概要

いつの時代でも資産管理法として人気が高いのが、資産価値の高い金を購入する方法です。

国の信用に大きな問題が起きた時などは、所有する法定通貨の価値が大幅に下がることもあります。

ゴールドは、経済的また政治的なリスクに強い資産として人気がありますが、実物が存在する金を電子化しようという試みがDigix DAO/デジックスダオです。

イーサリアムをもとにした金をデジタル化するプロジェクトは、イーサリアム利用者の中の有志が完成させたもので、シンガポールに本拠地があります。

イーサリアムを使用したプラットフォームで、金に関する情報をブロックチェーンに記録します。

自分の手元に存在しない金を自分の物であると証明するために、Digix DAO/デジックスダオのブロックチェーンには、いくつかの内容が記録されます。

  • 保有者がだれなのか
  • 金の登録した日時
  • 金の重量
  • 金の品質を保証した人物の情報
  • 外部監査人の情報

以上の情報を、全てブロックチェーンに電子的な方法で記録しますが、その際に使われるのがPoAというアルゴリズムです。

金をデジタル化するプロジェクトが複数ある中で、Digix DAO/デジックスダオが選ばれているのは、PoAというアルゴリズムの高い信頼性にあります。

Digix DAO/デジックスダオ(DGD)の詳しい特徴について見てみます。

特徴

PoAによって金に関する情報がブロックチェーンに書き込まれると、Digix DAO/デジックスダオのトークンであるDGDが発行されます。

DGDというトークンが発行されると、同時にPoA Cardも発行され、金を所有している証明となります。

PoAとは、Proof of Assetの略であり、直訳すると資産の証明という意味になります。

もちろんCardがなかったとしても、ブロックチェーンには金の情報が記録されているため、金の所有を証明できます。

しかしPoA Cardを所有していれば、シンガポールのDIGIXGLOBAL PTE LTDに行った際は金を受け取ることも可能です。

とはいえDGDは金を所有していることの証明であり、分割して仮想通貨として使用したりするのに向いていません。

例えば、金1Kgを所有している事を証明するトークンDGDが発行された場合、DGDは金1Kgと同等の価値を持つトークンという事です。

トークンを半分に割って、半分だけ仮想通貨として使用するという利用方法はできません。

そのためイーサリアムのスマートコントラクト技術を利用して、新たな契約内容をサイドチェーンに記載します。

Digix DAO/デジックスダオプラットフォーム上では、DGDに加えてDGXという仮想通貨も利用できます。

PoA Cardを持っている場合に、金のグラムに合わせてDGXを発行するという契約内容をスマートコントラクトによって記録していきます。

1DGXは金1gに対応しているため、先ほどの1kgの金であれば1,000DGXが発行されるようになります。

DGXはDGDとは異なり、最小単位で使用できるようになっています。

仮にDGXを仮想通貨として使用した場合、本来のDGDに記録されている金の重さとのズレが出てくることになります。

金の重さのズレを調整するため、スマートコントラクトによって、所有しているDGXが減るたびに、DGDの金の重量を同量減少させるという契約を記載します。

スマートコントラクトによって現物の金が目の前にない状態のままで、金の所有をデジタル的に証明し、なおかつ仮想通貨としても利用できるようになります。

この全てがイーサリアムをもとにしたプラットフォームで、ブロックチェーンに金の情報を記載することで可能になります。

メリット

所有する金に関する情報をブロックチェーン上に記載することに、どのようなメリットがあるのでしょうか?

第1に、実物の金には名前を書けないため、自分の所有物である事を証明するのは非常に難しいものです。

デジタル化にしてブロックチェーンに金の情報を記載することで、透明性のある取引記録が誰の目にも明らかになるため、金を持ち歩かなくても金の所有を証明できます。

2つ目に、金1kgを所有していたとしても、分解して1g単位で使用できません。

1kgは1kgのままで保管をする必要があります。

しかしデジタル化した金であれば、仮想通貨DGXとして1g単位で使用できるので、用途がかなり広がります。

3つ目のメリットは、トークンDGDの形で金を所有していると、四半期ごとにDigix DAO/デジックスダオの収益の一部から配当が配られます。

ちょうど株取引のようなイメージに近い配当金制度です。

金貯金をしていたとしても、配当が割り当てられて財産が増えることはないため、デジタル化して金を所有するメリットは大きいでしょう。

加えて、DGDを所有していると、Digix DAO/デジックスダオプロジェクトがどのように進むべきか、投票をする権利も与えられます。

金のデジタル化に注目が集まっている中で、プロジェクトの方向性を決める発言ができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

どんなに魅力的なプロジェクトであっても、やはりデメリットは存在するものです。

デメリット

Digix DAO/デジックスダオによってDGDが発行され、デジタル的に金の所有が証明されることがプロジェクトの目的です。

しかし現実に存在する金をデジタル的に証明する必要があるのかという議論もあります。

仮想通貨の目的は、現実に存在する法定通貨のような制限のある使い方ではなく、ネットワーク上だけで取引を完了できるようにすることです。

現実には存在していないトークンが通貨としての価値を持てるようにしているのが、仮想通貨の目的であるということです。

対して存在している金をデジタル化して、所有を証明するのは、仮想通貨の目的とは完全に逆行していることになります。

もちろんブロックチェーンを利用した情報の記載などメリットはありますが、そもそも金をデジタル化する必要について懐疑的な見方を持つ方も少なくありません。

2つ目のデメリットは、PoA Cardつまり発行されているDGDトークンを実際の金に交換するためにはシンガポールに行かなければならない事です。

シンガポールで大量の金を保管しなければならない事も、セキュリティー上あまり安全とは言えません。

仮想通貨の良いところは、現実には存在していないため、物理的な要因を心配する必要のないことです。

しかし金をデジタル化することで、ハッキングの危険と物理的な盗難の危険という2重のリスクが発生することになります。

危険が増すという意味では、金をデジタル化することには大きなデメリットがあるでしょう。

まとめ

Digix DAO/デジックスダオは、金をデジタル化して所有を証明するという非常に興味深いプロジェクトです。

イーサアリムのプラットフォームを利用したブロックチェーンの可能性を広げる画期的なシステムと言えるでしょう。

DGDの価格も上昇を続けているため、市場からも歓迎されている状態です。

とはいえ、金のデジタル化にはセキュリティー面で未知数な部分も多く、さらに仮想通貨の意義と逆行している面もあります。

デメリットをどのように克服していくのかによって、今後の成長は大きく変わることになります。

良くも悪くも、画期的なイーサリアムのプラットフォームに引き続き注目が集まっていくでしょう。

関連記事

仮想通貨の取引所・販売所の選び方と仕組みについて知っておこう

急激に成長した仮想通貨EOSイオス(EOS)とは

Cardanoカルダノ(ADA)のカジノが楽しめる仮想通貨で期待大?

NOAH COINノアコイン(NOAH)は結局期待できる通貨なの?

Steemスティーム(STEEM)の独自性が高い機能について

ICOがたった30秒で完売した注目株のTRONトロン(TRX)