NOAH COINノアコイン(NOAH)は結局期待できる通貨なの?

NOAH COIN/ノアコイン(NOAH)は話題の仮想通貨です。

様々な話題が飛び交っていますが、結局のところ期待できる通貨なのでしょうか?

この記事を読んだらわかること

  • ノアコインの特徴
  • ノアコインが持つメリットとデメリット
  • ノアコインに対する懐疑的な意見の理由

概要

ノアコインは、2017年にノア・ファウンデーションというICOによって生まれた仮想通貨です。

ICOというのは仮想通貨の開発元が行う資金調達、いわゆるクラウドファンディングです。

ノア・ファウンデーションは、フィリピンでの経済支援を主な目的として有志が立ち上げた非営利団体です。

フィリピンは近年でこそ高層ビルが立ち並ぶなど目覚ましい発展を遂げつつありますが、貧困層の生活はまだまだ深刻です。

生活費を稼ぐために、毎年多くの出稼ぎ労働者が海外へ働きに出ています。

稼いだお金を母国に送金しているわけですが、合計金額は年間3兆円以上、送金にかかる手数料は3,500億円にも上るといわれています。

ノア・ファウンデーションは、年々増加傾向にある手数料をフィリピンに還元したいという考えのもと、設立されました。

母国への送金手段としてノアコインという通貨の開発に着手したのです。

ノアコインの普及を通じてフィリピンの支援を目指す一連の活動を、ノアプロジェクトといいます。

クラウドファンディングで調達した資金の使途はノアコインの開発資金およびプロモーション費用、そしてインフラ整備の3点のみとされています。

ノアプロジェクトには、プロモーターとして泉忠司氏が参加し、広告や宣伝といった様々なプロモーション活動を行っています。

泉氏は大学で講師を務めるかたわら、実業家としてセミナーなどを開催し作家や俳優としての顔も持つなど、幅広く活躍している人物です。

ノアコインおよびノアプロジェクトはその様々なプロモーション活動の中で、詐欺ではないかと言われています。

詐欺なのかについては後ほど詳しく述べますが、紆余曲折を経て2018年3月12日、ノアコインは当初の予定を約3ヵ月前倒しにする形でイギリスの取引所であるHitBTCへ上場しました。

HitBTCは2018年4月時点で世界13位の出来高を誇る大手取引所で、ICOで生まれた通貨の上場先としてもよく知られているところです。

第1期プレセールでは約0.0057ドルだった1ノアコインの値段は上場後に0.0366ドルの値段をつけ、6.5倍近い高騰を見せたことで話題になりました。

特徴

ノアコインは、仮想通貨の代表格であるビットコインの問題解決を目指すという方向性を特徴として持っています。

  • PoSマイニングを行っている
  • インフラ整備に重点をおいている

ビットコインがマイニングに採用しているプルーフ・オブ・ワーク(PoW)は、コンピュータの計算力で権利が決まるアルゴリズムでした。

これに対しノアコインのマイニングはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)というアルゴリズムによって行われます。

通貨を保有している金額と期間によって権利を決定するもので、PoWのように過度な電力を必要としません。

一部のマイナーによる権利の独占によって起きる51パーセント攻撃も防ぐことができる利点から、イーサリアムでも採用されているアルゴリズムです。

また調達資金の使途のひとつとして、インフラ整備に重点をおいていることもノアコインの特徴のひとつです。

仮想通貨を生み出し世に送り出したとしても、使えるインフラが整っていなければ普及はおぼつきません。

ビットコインの場合、いわゆる管理者や運営元といった中央組織が存在しないためにインフラ整備の優先度が低くなる傾向があります。

ノアプロジェクトでは、ノア・ファウンデーションがノアコイン対応のATM設置や専用プリペイドカードの発行などのインフラ整備を行うことにより、より広く普及する体制を目指しているのです。

メリット

ノアコインは、メリットにもビットコインに対して優位に働くものが目立ちます。

  • 送金手数料がほぼ無料
  • 送金スピードが早い
  • 配当金の還元がある

最大のメリットは手数料がほとんど無料である点です。

出稼ぎ労働者のため、ひいてはフィリピンの経済支援のためというノア・ファウンデーションのコンセプトに直結するポイントです。

通常の銀行送金を行う場合には10パーセントから12パーセントという手数料がかかることを考えると、利用者にはとても大きなメリットでしょう。

また特徴のひとつであるPoSマイニングにより、送金スピードが早いこともメリットのひとつです。

ビットコインでも10分かかる送金処理が、数秒で行えるとしています。

PoSマイニングによって発生する収益の一部を通貨の保有者へ還元していることも、投資家にとって魅力的なポイントです。

配当利回りは初年度の20パーセントから翌年以降は毎年0.86倍と指数関数的に減少していき、初期に参入した人ほど配当を多く受け取れる仕組みをとっています。

ただこの配当金の仕組みは、ノアコインに対して懐疑的な目を向ける人達には良い印象を与えませんでした。

デメリット

ノアコインはプロモーション活動から、詐欺ではないかとの指摘をたびたび受けています。

指摘により信頼性が低く見られることがある点がデメリットといえます。

そのような見方をされていた理由には次のようなものがあります。

  • 最低購入価格が設定されていた
  • 配当金が約束されていた
  • プレセールの販売を日本とフィリピンに限定していた
  • プロモーション活動に誤解を招く部分があった

まず1口1,000ドルからという最低購入価格の設定や配当金の保証、購入地域の限定といった制約はICOの詐欺でよく見られる手口です。

これらは確かに疑って然るべきポイントといえます。

配当金の利率がかなり高いことも、否定的な見方を強める方向に作用したでしょう。

またノアプロジェクトはプロモーション活動において、投資家の誤解を招くような部分がいくつか見られています。

夢の暗号通貨シティと題して、アミューズメント施設やホテルなどすべての場所でノアコインが使える街、ノアシティの開発に乗り出した件です。

壮大なプロジェクトに、フィリピン航空やフィリピン国内屈指の大富豪であるルシオ・タン氏が関わっていると受け取れるプロモーションがあったのです。

しかしフィリピン航空とルシオ・タン氏はともに関係性を否定しており、プロジェクトは白紙になっています。

また特に決定的といわれているのは、フィリピン大使館から出されたアナウンスです。

ノアコインは、フィリピン政府公認の国家プロジェクトであるともとれるようなプロモーションをしていましたが、フィリピン大使館から否定するアナウンスが出ているのです。

プロモーターの泉氏はこれらの事実について、虚偽ではなく実際にコンタクトを取っていること、間違いなく国家級のプロジェクトであるという自身の思いなどから表現に行き過ぎた部分があったことを認めて謝罪しています。

そしてプレセールでのノアコイン購入者に対し、希望者の返金に応じるという措置が取られることになりました。

2017年7月、第3期のプレセールが行われる少し前のことで、結局第4期までのプレセールは中止される結果となりました。

こうした点から、詐欺を疑う人は今も多く存在しています。

しかしノアコインは、実際にHitBITに上場を果たしています。

またプレセールのノアコインに投資をし、上場後に売り抜けたことで利益を手にした人がいることも事実です。

こうした事実も含めてどう判断するか、意見が分かれるところでしょう。

上場したのだから本物だ、いや上場など金さえ積めば可能だ、と今も賛否が飛び交っています。

こうした話は、ノアコインに限ったことではありません。

元々ICOは詐欺の温床になりやすい性質のものだけに、至るところで警鐘が鳴らされていました。

投資が結局のところ、自己責任であるというのはよく言われます。

出来る限りの情報を集め、最終的には自分で判断するしかありません。

まとめ

フィリピンの経済支援を目指すノアコインは、ビットコインの弱点を克服した機能面で見事に上場を果たしました。

今後も別の取引所への上場やインフラ整備の促進など、さらなる事業拡大を見据えています。

様々な意見が飛び交う中、今後の展開にも引き続き多くの注目が集まるでしょう。

関連記事

レイスプロトコルが話題のVergeヴァージ(XVG)とは

高い技術で作られたPopulousポピュラス(PPT)の今後について

Rippleリップル(XRP)はなぜこんなにも注目されているのか?

仮想通貨の取引所・販売所の選び方と仕組みについて知っておこう

最低限押さえておく仮想通貨の種類と分類について

リング署名システムが話題のMoneroモネロ(XMR)