Steemスティーム(STEEM)の独自性が高い機能について

Steem/スティーム(STEEM)は、2016年4月に公開されたプラットフォームです。

SNSで記事を投稿した時や良い記事に対して評価をした際に、記事投稿者や評価者に報酬が支払われるようになった画期的なシステムとして知られています。

STEEMは、そのプラットフォーム上で使用できる注目されている仮想通貨ですが、どのような特徴があるのでしょうか?

この記事を読んだらわかること

  • Steemにはどのような特徴があるのか
  • 報酬が支払われるとはどのような意味なのか
  • 仮想通貨としての将来性がわかる

概要

現在多くのSNSが存在しており、LINEやFaceBook、Twitterなどは、SNSの代表的な例です。

世の中に出回っているSNSは、通常サーバーに保存されているため、サーバーがハッキングされたりトラブルが生じたりすると、全てのデータが消失する可能性もあります。

さらにSNSにコメントを述べたり、いいねボタンを押したりしても、本人に報酬が入ることはありません。

良いコンテンツを提供したり評価をしたとしても、情報が埋もれてしまう可能性もあるわけです。

Steem/スティーム(STEEM)は、こうした問題を解決するために作られたものです。

簡単に説明すると、スティームはブロックチェーン技術を使用したSNSであり、サーバーなどに保存されていません。

よってサーバー自体にトラブルが起きて投稿できなくなったり、コンテンツが消滅してしまうのを避けられるようになりました。

Steem/スティームのプラットフォーム上で使用できるのが、STEEMという仮想通貨になります。

STEEMは2016年4月に公開されています。

特徴

Ned Scott氏とDan Larimer氏という2人の人物によって設立された団体が、Steem,incと呼ばれています。

Dab Larimer氏は、ソフトウェアエンジニアであり、特にブロックチェーンや分散型社会、暗号通貨分野が専門です。

2人が率いているSteem,incという団体が、ブロックチェーン技術を利用した新しいSNSであるSteemitをSteemというプラットフォーム上に作りました。

名前が似ているため少し複雑ですが、Steemというプラットフォームの特徴は大きく分けると3つになります。

  • SNS上にコンテンツを作成して報酬を得られる
  • コンテンツを評価した人も報酬を得る
  • サーバーに依存しないため障害に強い

多くの有益なコンテンツや情報が載せられているFacebookには、コンテンツを投稿した人に報酬が発生するシステムがありません。

システムがないというよりも、少額の報酬を支払うシステムをネット上に作るのが難しい現実があります。

そのためSNS上で非常に有益であるコンテンツが多くの参加者からのいいねを得ていたとしても、コンテンツ制作者にはなんの報酬も支払われません。

Steemは、ブロックチェーン技術によって作られているプラットフォームの事であり、そこにSNSであるSteemitが作成されています。

SteemitというSNS上でコンテンツを作成すると、有益なコンテンツに対しては報酬として仮想通貨が支払われるようになります。

またコンテンツを作成した方だけでなく、コンテンツを評価した方にも少額の報酬が支払われます。

こうした報酬を受けられるシステムがブロックチェーン上に確立されることで、SNS上には広告が一切必要なくなり、純粋にコンテンツを紹介できるようになるわけです。

SNSであるSteemitはブロックチェーン上に作られているため、サーバーの状態に影響されません。

SNSによってはサーバーに不具合が生じた場合、アクセスができなくなったり、優良なコンテンツが消失してしまう危険性もありますが、Steemitには危険性がありません。

こうした3つの特徴から、Steemitは新しいSNSと言われています。

ではSteem上で利用できる、STEEMというアルトコインの特徴についても見てみましょう。

Steem上で使用できる仮想通貨は、STEEMだけでなく、Steem Power(SP)とSteem Dollar(SMD)という2つの通貨もあり、合計3種類です。

複雑だと感じられた方もいるかもしれませんが、3種類の仮想通貨には目的があります。

1つ目の仮想通貨STEEMは、3種類のアルトコインの中で基本通貨の役割を担っています。

仮想通貨取引所で取引されているのも、基本通貨であるSTEEMであるため、取引所で他の仮想通貨への交換も可能です。

STEEMは毎年新しく発行されるため、インフレが起きやすい通貨になるため、Steemitを利用するため他の2種類に変える必要があります。

2つ目のアルトコインは、Steem Power(SP)と呼ばれ、Steemit内で使用でき、コンテンツやコメントの報酬として支払われるアルトコインです。

Steem Power(SP)を所有している方が、Steemit内のコンテンツに対してコメントや評価をできます。

つまりSTEEMだけを所有していても、コメントや評価はできないので、最初はSTEEMを購入して、Steem Power(SP)へ変える流れになります。

Steem Power(SP)を現金化するためにSTEEMに戻せますが、週に1度、保有量の104分の1のみ交換可能という規定があります。

全てのSPをSTEEMに変えようとすると、2年間が必要になるのでかなり不便に感じるでしょう。

ですから3つ目のアルトコインであるSteem Dollar(SMD)が必要になります。

SMDも報酬として支払われるアルトコインですが、報酬として受け取る割合はSP50%、SMD50%です。

SMDの価値は、原則固定されており1SMDは1USDなので、USDと同じ価値を持つ仮想通貨と考えていただけます。

報酬で受け取ったSMDはSTEEMへの交換が可能であり、SPとは異なり交換の制約はありません。

SPはSteemit内で他の人に送金はできませんが、SMDはSteemit内であれば送金も可能です。

なおSPとSMDの間に交換できるシステムはないため、交換するためには、両者を先にSTEEMへと変更しなければなりません。

SPとSMDは保有していると利子が付きますが、STEEMのままでは利子が付かず、さらに価値が減少する可能性があるので、STEEMは短期所有というイメージになります。

メリット

Sプラットフォーム上で使用できる仮想通貨は、若干複雑であるため慣れるのに時間が必要になります。

しかし3種類のアルトコインが存在するのは、Steemの目的と関係があります。

全てのやり取りが基本通貨であるSTEEMだけでできるようになると、取引所で大量にSTEEMを購入した人がSteemitを操作できるようになってしまいます。

そのためSteemitというコミュニティーを使用する方だけが必要になる、若干不便なSPが必要になります。

しかしSPだけでは利便性が足りないため、他ユーザーとのやり取りに使え、さらに価値がUSDと一致しているSMDが必要です。

Steem上で使用できるアルトコインの細かな違いによって、Steemitのコンテンツを正しく評価できるシステムが成り立っています。

他の人のコンテンツを評価する時は、不特定多数を短期間で評価できないようにもなっており、本当に価値のあるコンテンツのみにVoteという良い評価をする必要が出てきます。

当然評価をすれば評価側にはSPやSMDが報酬として支払われますし、評価を受けたコンテンツ制作者も、SPやSMDが報酬として与えられるわけです。

STEEMの新規発行の75%は報酬のため、15%はSPの利息のため、残りの10%がブロックチェーン作成の報酬に使われています。

Steemが3つの仮想通貨で成り立っているため、良いコンテンツだけが評価を受けSNS上に残り、さらに営利目的でVoteを投票もできません。

SNS自体もSteemというブロックチェーンのプラットフォームの上に作られているため、正確で安定した動きになります。

こうしたメリットがあるため、Steem/スティーム(STEEM)は非常に高い評価を得ています。

デメリット

非常に優れた新しいSNSですが、サービスが始まったばかりであり、日本人の利用者もほとんどいません。

そのためシステム自体が英語になるので、英語が得意でない場合、利用する事自体が難しいでしょう。

また1SMDは原則1USDとなっていますが、なかなか安定せず1SMDが1USD以上の価格になることも見られます。

始まったばかりであり、安定性が足りない点は現在のデメリットでしょう。

まとめ

ブロックチェーンを利用した新しいSNSとして、これから日本でも周知されていくサービスと言えます。

日本語に対応していませんが、自動翻訳システムも登載しているため、簡単な日本語であれば翻訳ソフトによって投稿前に英語へと変換してくれます。

価値のあるコンテンツだけなく、価値がないコンテンツまで乱立していたこれまでのSNSとは大きく異なっています。

その分プラットフォーム内の仮想通貨が若干複雑ですが、慣れてくれば大きな問題はないでしょう。

今後どれくらい普及していくのか注視する必要がありますが、非常に楽しみなアルトコインです。

関連記事

レイスプロトコルが話題のVergeヴァージ(XVG)とは

Rippleリップル(XRP)はなぜこんなにも注目されているのか?

Stellar Lumensステラ(XLM)は今後の成長が期待される?

急激に成長した仮想通貨EOSイオス(EOS)とは

NOAH COINノアコイン(NOAH)は結局期待できる通貨なの?

注目の通貨Ethereumイーサリアム(ETH)は今後どうなる?