Lemuria(レムリア)は少額投資に最適?特長について

一昔前に比べると仮想通貨の知名度は大きく上がり、今まで投資には無縁だったところも、取引所として参加するのが増えたのです。

レムリアも昔からあった会社ではなく、最近生まれた取引所になっています。

しかし過去に投資の経験がある企業ではないため、どのような取引所か分からない方も多いでしょう。

レムリアはどのような取引所なのでしょうか。

この記事を読んだら分かること

  • レムリアがどのような取引所なのか分かる
  • レムリアで取引するのはどのような人がいいのか分かる

概要

Lemuria(レムリア)は2015年に誕生した取引所で、名前が海外のようですが国内業者です。

運営しているのはバイクリメンツ株式会社で、代表取締の方は以前スマホアプリを開発しつつ、ビットコインの取引所を運営していました。

他にも仮想通貨にかかわるメンバーが参加しており、今は社員がたったの11名ですが、仮想通貨の会社としては十分なものになっています。

ちなみにレムリアという名前は、昔あったとされるインド洋の仮想大陸が由来です。

国に登録の申請を出していますが、今はみなしの段階で正式な登録はされていません。

一方で金融庁から行政処分をされてしまったので、まだ発展途上の段階にあるでしょう。

特徴

レムリアの大きな特徴は国内で初めて、BitGOというセキュリティを使ったことです。

BitGOとはオンライン上に保管しておく、ウェブウォレットの一種になっています。

しかし単なるウェブウォレットではなく、セキュリティの一種であるマルチシグネチャを使っているのです。

ウェブウォレットは利用が便利な分、ネット上に置いておくためセキュリティに不安がありました。

マルチシグネチャで管理して、セキュリティを補っているのです。

登録にはメールアドレスだけでなく、フェイスブックのアカウントも利用でき、数分で終わらせられます。

しかし本人確認が終わらないと取引できないため、ご注意ください。

取扱通貨

レムリアはビットコイン取引所となっており、取り扱っている仮想通貨は今の時点でビットコインだけです。

取引手数料は基本無料ですが、Takerの場合は0.13%になっているため、必ず無料ではありません。

日本円の入金が無料になっていますが、ビットコインの入出金も無料になっています。

投資の最低金額も100円と、ワンコインの少ない金額で始められます。

今のところ、ビットコイン以外のアルトコインが増える気配はありません。

レムリアではビットコインを中心に取引していくことになるでしょう。

メリット・デメリット

レムリアにあるメリットやデメリットは、以下の点が挙げられます。

2段階認証やSSL認証と基本的なのは揃っていますが、やはり注目点はBitGOでしょう。

内容は先に説明したとおりですが、BitGOは海外の大手で使われる程信頼のあるシステムです。

セキュリティの一種なため、今後別の国内取引所が使う可能性は十分にあります。

使う取引所が増えれば、レムリアの他とは違うメリットが薄らいでしまうのは確かです。

しかし最初に入れたのは間違いなくレムリアで、セキュリティに対する意識はそれだけ高いと見られるでしょう。

BitGOがあるだけでなく、今後のセキュリティ対策に期待ができるのもポイントです。

仮想通貨は利益が出れば大きいですが、損失が出る危険性もあります。

これから始める方の中には、損失が恐ろしいので少ない金額で試したい方もいるでしょう。

レムリアであれば、たったの100円で取引を始められる点もメリットです。

100円であればすぐに取り返せる金額なため、ゲーム感覚で取引していけるでしょう。

手数料も基本的に無料で、takerで取引しなければ100円で試していけるのです。

これから仮想通貨を始める方にとっては、試すのに最適といえます。

セキュリティ等のメリットはありますが、今のレムリアは残念ながらデメリットの方が目立つでしょう。

レムリアにあるデメリットは主に以下のものです。

取り扱われている仮想通貨はビットコインだけで、選ぶのに迷う心配はありません。

一方で知名度が低いだけでなく、有名どころのアルトコインで取引できないのです。

ビットコインはメインの仮想通貨なため、これだけで取引はしていけるでしょう。

しかしアルトコインの中にはチャンスもあり、ビットコイン以上の利益が得られる可能性もあります。

チャンスが減ってしまう意味では、他の取引所と比べてビットコインだけなのは厳しいところです。

アルトコインで取引したいと考えている方に、レムリアは向いていない取引所です。

またレムリアにはTradingViewというチャートを使っており、ローソク足の表示からテクニカル指標の分析までできます。

しかしチャートのツールは高性能ですが、スマホアプリは配信していません。

ブラウザを使って取引はできますが、専用のアプリに比べると不便な部分が多いです。

今のところはパソコンを中心に、取引していくしかないでしょう。

見方を変えればスマホで取引したい方にとって、向いていない取引所といえるのです。

配信される可能性はあるため、待つしかありません。

レムリアの会社は他と比べ、今まで投資に携わってきたわけではありません。

知名度は他の取引所と比べれば、厳しい状況に置かれるでしょう。

ビットコインだけしか取引できないため、他のアルトコインが目的の方には選択に入らないのも追い討ちをかけます。

使う人間が少なければ取引量も多くなくなり、成立するのが難しい環境になってしまうでしょう。

問題として唯一取り扱っているビットコインも、他と比べれば遥かに取引量が多いところが幾つもあります。

取引環境でも、レムリアは厳しい立場に置かれているのです。

最後のデメリットですが、概要でも書いたようにレムリアは2018年に金融庁から行政処分を受けてしまっています。

レムリアだけでなく幾つかの業者も請けており、中には業務停止をさせられた取引所もありました。

業務停止されなかっただけ良いですが、レムリアには業務改善命令が出されたのです。

何が理由となって行政処分をされたかは分かりませんが、どちらにしても数ある中で問題があるとされました。

ネガティブな情報として、今後の利用者が増えるのに悪い影響の出る可能性は大きいといえます。

一方で業務改善が出たため、今後改善していき不正がなく使いやすくなるとも考えられ、単なるデメリットで終わらないでしょう。

Q&A

Q.初めての取引所ですが選んでも大丈夫?

A.レムリアの特徴として以下の点があります。

  • 取り扱い通貨がビットコインだけ
  • 取引手数料が無料
  • 100円から始められる
  • セキュリティがしっかりしている

特徴を見ていけば、これから仮想通貨を始めようと考える方に向いているでしょう。

ビットコインだけなので選ぶのに迷う必要はなく、少ない金額から取引を試して始められます。

逆に初心者ではなく上級者の場合、高性能なチャートはありますが、他の部分で物足りなさを感じてしまうでしょう。

取引所の口座開設は一つだけでなくてもいいため、レムリアから始めて他へのきっかけにするのもいいです。

口コミ

レムリアの良い評価としては手数料が無料で取引できる、セキュリティがしっかりしている、といった声があります。

逆に悪い評価としては、以下のような声がありました。

  • 運営が機能しているのか
  • ビットコインだけしか取引できない
  • スマホアプリがない
  • クイック入金ができるようにして欲しい

レムリアはあまり情報発信をしていないため、ユーザーから不安な声も見られます。

デメリット面が今のところ多く、良い評判よりも悪い評判の方が多いでしょう。

行政処分の件もあるため、バイクリメンツの今後によってレムリアの未来は変わってきます。

まとめ

他の取引所と比べると負けている部分が多く、厳しい立場に置かれているレムリア。

しかし少ない金額で始められるため、仮想通貨に関してほとんど知らない初心者には向いている取引所でしょう。

関連記事

あのSBIが運営の仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーズとは

仮想通貨取引所のMoney365について・再開の目処は?

海外取引所のHitBTC(ヒットビーティーシー)の主な特長

東京ビットコイン取引所はどんな会社だったのか振り返りました