アルトコインとは何?ビットコイン以外の仮想通貨も注目

仮想通貨にはビットコインだけでなく、アルトコインというものがあります。

しかし仮想通貨を知らない方からすれば、アルトコインがどんなものか分からないでしょう。

アルトコインとはどういうもので、種類にはどのようなものがあるでしょうか。

この記事を読んだら分かること

  • アルトコインにはどのような種類があるか分かる
  • 国内取引所ではどのようなアルトコインが取り扱われているか分かる

アルトコインとは

アルトコインは、単純にビットコイン以外の仮想通貨を指します。決して仮想通貨に、アルトコインと呼ばれる種類があるのではありません。

仮想通貨には草コインと呼ばれる種類も出てきましたが、区別されているとはいえ、アルトコインなのは変わらないのです。

アルトは代わりを意味する言葉であり、アルトコインはビットコインの代わりとして出てきています。

意味の通りアルトコインには、ビットコインの欠点を補うために作られたものもありますが、種類は様々なため補うものばかりではありません。

今のところ仮想通貨の種類は全部で約1500種類とあるとされ、それだけアルトコインが世に出ているのです。

世にあるアルトコインの主な一覧

アルトコインは1000を超える種類出ていますが、有名になって価値が出ているのはごく一部だけです。話題が出ているアルトコインをみてみましょう。

イーサリアム

仮想通貨の時価総額ランキングが2位と、ビットコインの次に有名なアルトコインです。通貨単位はイーサで、今の時点では発行上限がありません。

イーサリアムの大きな特徴は、スマートコントラクトによるアプリ作成になります。

仮想通貨は管理者がいないように、イーサリアムを使って誰もがアプリを作れるのです。スマートコントラクトを使うことで様々な作業を自動化できるため、多くの可能性を持っているでしょう。

まだ完成している仮想通貨ではなく4段階のアップデートが予定されており、今は2段階残している状態になっています。

リップル

リップルは送金システムが注目されている仮想通貨で、送金スピードが大きな特徴になっています。

ビットコインが10分かかるところを、リップルは数秒程度で終わらせられるのです。特徴からリップルは通貨同士の仲介役、という立場といえるでしょう。

時間もコストもかからない送金システムは、仮想通貨だけでなく現実の世界でも注目がされています。国内、海外問わず多くの銀行がシステムを使おうと考えているのです。

仮想通貨の世界だけではなく、一般の通貨を扱う上でも可能性が感じられるアルトコインでしょう。

ライトコイン

ライトコインは、ビットコインの欠点を補うために生まれたアルトコインです。

アルトコインの中では歴史が古く、まだビットコインが世に知られていない時期に生まれました。

ビットコインが金というなら、ライトコインは銀と開発者が発言しています。

特徴としてはビットコインにかかっていた送金時間を、4分の1の2.5分へ短縮させていることです。

古くからあるアルトコインで歴史がある分、信頼性があります。

一方でライトコイン以上に優秀なアルトコインも続々と出てきており、立場としては厳しい状況でしょう。

ネム

ネムは仮想通貨による経済運動のプロジェクトで生まれた種類です。

国内取引所におけるある事件の対象通貨にもなったため、取引していなくても知っている方は多いでしょう。

送金時間が約1分と早く、トランザクションの処理速度もトップクラスに早いです。

マイニングの代わりにハーベスティングとなっており、独自のPoIスコアを使い、一部による利益の独占を防いでいます。

スーパーノードというシステムもあり、なるのに条件が厳しい分、不労所得が狙えるでしょう。

国内の会社によってネムが使われたブロックチェーンが開発されており、国内、海外問わず注目されています。

ビットコインキャッシュ

ビットコインには容量による問題があり、送金詰まりによる送信の遅れが出ていました。

問題を解決しようと、ビットコインの更新から分裂して生まれたのがビットコインキャッシュです。

生まれた理由から分かるように、ブロックの容量を大きくして対策しています。

ビットコインの問題を解消したためか、ビットコインキャッシュをメインへと考えるサービスも出てきました。

しかしビットコインキャッシュも将来的に送金詰まりや、セキュリティ関係の問題と課題が出ています。

新しく生まれたばかりの仮想通貨で、今後どうなるか注目のアルトコインです。

モナコイン

モナコインは国内で初めて作られた仮想通貨で、名の通りに匿名の巨大掲示板で生まれました。

ライトコインをベースに開発されていますが、世界で初めてSegwitという技術を使ったアルトコインでもあります。

送金が約90秒と早くなっており、アトミックスワップを入れて仲介役なしで仮想通貨のやり取りも可能です。

生まれた場所からネタに見えがちな仮想通貨ですが、中身は高い技術力で作られているアルトコインとなっています。

しかし大きな特徴は、様々な店舗やサービスで使えるところが多いことでしょう。

有志によるイベントも行われており、コミュニティによって盛り上がり成長する変わった仮想通貨です。

アルトコインを購入できる国内取引所

ビットコインはどこでも取引できますが、アルトコインは取引所によって購入できる種類が変わります。中には特定の取引所でしか購入できない種類もあるのです。

国内取引所において購入できるアルトコインは以下のようになっています。

ビットフライヤー

ビットフライヤーで取り扱っているアルトコインです。

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • リスク

注目はリスクで、国内において取り扱っている取引所は今のところビットフライヤーだけです。

モナコインも数が少なく、ビットフライヤーが取り扱ったために相場が大きく上昇したという現象もありました。

イーサリアムはビットコインと同じように、ライトニングという取引所で購入できます。

しかしアルトコインは多いですが、イーサリアム以外は販売所でしか購入できません。

ザイフ

ザイフでは以下のアルトコインを取り扱っています。

  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ネム
  • モナコイン
  • ザイフ
  • カウンターパーティー
  • ビットクリスタルズ
  • ストレージコインX
  • フィスココイン
  • カイカコイン
  • ネクスコイン
  • ペペキャッシュ
  • ゼン

注目はザイフ以下にあるトークンとなります。

トークンは知名度が低いため、有名な取引所でも取り扱っているところは多くありません。ザイフではこのようなトークンで取引できるのも、大きなメリットでしょう。

しかしトークンはギャンブル要素もあり、不用意に手を出すと痛い目を見る可能性も高いためご注意ください。

ビットバンク

ビットバンクでは以下の種類です。

  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • ビットコインキャッシュ

有名なアルトコインが一通り揃っている構成になっています。

特にリップルは上記を見れば分かるように、ビットフライヤーやザイフでは取り扱われていません。まだ取り扱われているところが少ない、リップルやモナコインで取引できるのです。

アルトコインの手数料は基本かかりますが、ビットバンクでは時々無料になるキャンペーンも行われます。

DMM bitcoin

DMM bitcoinでのアルトコインの取り扱いです。

  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ネム
  • ビットコインキャッシュ

有名どころは一通り揃っていますが、他との大きな違いはアルトコインでレバレッジ取引ができることです。FXのようなレバレッジ取引は他でもできますが、大抵はビットコインだけでしかできません。

多種類のアルトコインでレバレッジ取引ができるのは、今のところDMM bitcoinだけです。レバレッジ固定5倍と大きくかけることはできませんが、仮想通貨の相場には十分でしょう。

QUOINEX

QUOINEX、コインエクスチェンジで取り扱いのアルトコインです。

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リップル
  • ライトコイン
  • ネム
  • ビットコインキャッシュ
  • キャッシュ

注目はキャッシュであり、QUOINEXが独自で発行しているトークンです。制作にはイーサリアムの技術が使われており、ベースも同様になっています。

有名どころのアルトコインも一通り揃っているため、選ぶのに困りません。いくつかのアルトコインは最近取引できるようになったばかりなので、今後も増えるでしょう。

GMOコイン

GMOコインでは以下の種類になります。

  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

GMOコインは取引所ではないため、全て販売所での購入となります。購入する際の手数料は気にしなくてよいですが、売買の価格差であるスプレッドが問題です。

仮想通貨FXというレバレッジ取引はありますが、ビットコインのみとなっています。種類としてはどれも有名なため、取引としては問題ないでしょう。

ビットトレード

取り扱っているアルトコインは以下の種類です。

  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン

モナコインが取り扱われている数少ない取引所です。

しかし問題は手数料で、他と比べても全体的に高い設定となっています。リップルやライトコインと種類によっては他よりも安く取引できるため、使い分けがポイントになるでしょう。

アプリはないですが、スマホのブラウザで直接取引できます。

みんなのビットコイン

みんなのビットコインで取り扱っているアルトコインは、イーサリアムとビットコインキャッシュのみと少ないです。通貨ペアは多いですがほとんどがビットコインとペアになっており、他2種類は一部のみになっています。

しかしレバレッジ取引はビットコインだけでなく、イーサリアムでもできるのです。イーサリアムだけとはいえ、DMM bitcoinに次いでアルトコインでレバレッジ取引できる数少ないところといえましょう。

DMM bitcoinと違いレバレッジを25倍までかけられるため、イーサリアムで大きな利益を狙えます。一方で取引手数料は安くないため、分かった上で使わなければいけません。

ビットポイント

ビットポイントでは、以下を取り扱っています。

  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

このうちリップルとライトコインは後の方になって追加されました。

通常以外にレバレッジ取引とビットポイントFX取引はありますが、どちらもビットコインだけです。注文方法に少し問題があり、普通の指値はできますが逆指値は成行でしかできません。

アルトコインは安定しない部分もあるため、損切りは自分で判断してリアルタイムでする必要があります。

BMEX

BMEXで取り扱っているのは以下の種類です。

  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

見て分かるようにビットポイントとラインナップは同じです。それもそのはずでビットポイントBMEXは業務提携がされており、基本のシステムは同じとなっています。

取引はビットポイントと同じ感覚でしても大丈夫でしょう。しかし逆指値の欠点も同じなため、損切りには気をつけましょう。

まとめ

アルトコインはビットコインにはない魅力と可能性を秘めており、種類によっても違うところから注目が集められています。

ただ取引するだけでなく、どのように展開していくかを見るのも楽しみの一つでしょう。

関連記事

仮想通貨のトークンとは何?通貨とトークンの違いについて

スマートコントラクト機能のある仮想通貨Liskリスク(LSK)について

仮想通貨で注目されるブロックチェーン技術とは何なのか

仮想通貨でも外貨FXのようなレバレッジ取引は出来るのか?

FISCO(フィスコ)について・モナコイン取扱もある取引所

OmiseGOオミセゴー(OMG)なら決済に革命が起きる?