Bitcoin Goldビットコインゴールド(BTG)で改善された問題点とは

Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)と聞くと、ビットコインと名前が似ていると感じます。

仮想通貨ビットコインとアルトコインであるビットコインゴールドには関係があり、改善された点をみてみましょう。

この記事を読んだらわかること

  • Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)とBTCとの違い
  • BTGはなぜBTCから分岐したのか?
  • どのような改善が行われたのか?

概要

Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)は、2017年8月に公開された仮想通貨です。

かなり新しい仮想通貨であり、現在のところ日本の取引所ではほとんど取扱をしていません。

ビットコインゴールドという名前からも分かるように、BTGはビットコインからハードウォークした仮想通貨です。

同じようにビットコインから分岐したアルトコインには、ビットコインキャッシュがあります。

ではビットコインゴールドの特徴を見てみましょう。

特徴

Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)は、ビットコインからハードウォークしたアルトコインで、共通点がいくつかあります。

通貨発行数には限度があり、発行上限数は2,100万BTGとされています。

発行数に上限があると通貨としての希少価値が付き、さらにインフレが起きにくくなります。

取引を記録するブロックは、ビットコインもビットコインゴールドも同じで10分間隔で生成されます。

ブロック生成の間隔が同じになるため、仮想通貨新規発行のタイミングも同じになります。

生成されるブロックは、ビットコインと同じく1MBですが、Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)にはSegwitが登載されています。

Segwitによって書き込むデータを圧縮できるようになるため、ビットコインのデータ書き込みの4倍程度の情報を1ブロックに書き込めるようになりました。

ではビットコイン(BTC)とBitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)の違いはなんでしょうか?

2つの仮想通貨の違いこそが、ビットコインゴールドがビットコインからハードウォークした理由です。

ビットコインはブロックチェーンを利用して、オンライン上に取引の記録をブロックごとに保存し連結していくことで、全ての取引の正確性を保っています。

取引記録をブロックごとに記録していく作業は、個人のPCの計算能力を貸してもらい、行っていました。

いわゆるマイニングという作業であり、作業を行う人をマイナーと呼んでいました。

マイニング作業を手伝ってくれるマイナーには、報酬として新規発行のビットコインが送られます。

マイニング作業はもともと個人のPCの処理能力を使っていましたが、ビットコインのアルゴリズムでは処理能力の高いASICがマイニングを行うPCをとして選ばれるようになります。

しかし高速に処理ができるASICは高額なマシンであり、さらに大量の電力を消費し冷却が必要であるため、個人で購入するのは不可能です。

結果としてASICを購入した企業が、専門的にマイニングを行うようになってしまいました。

特に電気代が安く、大量のASICマシンを購入した中国の企業でマイニングが行われる事が増え、マイナーが一部の企業に偏るようになりました。

仮想通貨の良いところは中央管理者がいないことであったにも関わらず、中国の一部の企業がほとんどのマイニングを行うことで、ビットコインの公平性に疑問が生じます。

ビットコインのマイニングを一部に集中させないため、ビットコインゴールドではASICではマイニング出来ないようなEquihashというアルゴリズムを採用しています。

Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)のマイニング作業は、個人のPCに登載されるGPUつまり画像処理装置を使用するように変わりました。

マイニングのアルゴリズムが変更されブロックチェーンの内容が変わってしまったため、ビットコインから分岐したビットコインゴールドが誕生したわけです。

マイニングに加われなかった個人でも、Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)のマイニングに参加できるようになり、仮想通貨の公平性が保たれるようになりました。

メリット

マイニングが一部のマイナーやマイナープールに偏ってしまうと、一部の人によって仮想通貨が操作されてしまう恐れもあります。

Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)のアルゴリズムによって、世界中の人のPCに登載されているGPUを使用できるようになり、非集権化の流れができました。

非集権化によって誰でもマイニングに加わり、新規発行されるアルトコインを報酬として入手できるようになった事は、大きなメリットと言えます。

またハードウォークによって分かれるアルトコインは、以前の問題点を修復している面でもメリットがあります。

たとえば、ビットコインは取引量が増えるに従って、どうしても処理スピードが遅くなる問題を抱えていました。

処理スピードの遅さを解決するためにハードウォークされたのが、ビットコインキャッシュというアルトコインです。

Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)も、処理スピードの面で改善されているので、この点もメリットでしょう。

3つ目のメリットは、ハードウォークによってアルトコインが新規で発行されるようになると、取引所によっては通貨が配られるケースもあります。

Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)は、ビットコインから分岐しているため、ビットコイン所有者には無料でアルトコインが配られることもあります。

発行されたばかりの頃、アルトコインの価値はあまり高くないかもしれませんが、高騰する可能性もあります。

例えば、以前にビットコインから分かれたビットコインキャッシュも、取引所によっては無料でBTCを同量配られたこともあります。

無料で配布された後になって、ビットコインキャッシュの価格は高騰しました。

仮想通貨の分岐が起き、誕生したBitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)には、こうしたメリットがあります。

デメリット

Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)は、公開前に開発者がマイニングをしていたとされています。

ですからBTGの存在自体が、開発者がお金を集めるためである可能性も否定できません。

さらに誕生したばかりのアルトコインには、開発者さえも気付いていない脆弱性が存在する可能性もあります。

例えばリプレイアタック保護に脆弱性が出ると、分岐した通貨を売却した場合に、元の通貨まで同時に処理されてしまう危険性があります。

今後の取引に大きな問題が出るような脆弱性が存在している可能性は、ハードウォークによって誕生したアルトコインには付きものです。

今のところは、ASICを利用してマイニングが出来ないようになっていますが、改良を加えたASICを利用してマイニング出来るようになる可能性もあります。

仮にBitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)のマイニングアルゴリズムに、改良したASICが対応してしまうなら、BTGの存在意義すらなくなる可能性もあります。

今後BTGを購入する予定の場合は、デメリットまでよく把握する必要があるでしょう。

まとめ

Bitcoin Gold/ビットコインゴールド(BTG)は、ビットコインと異なるEquihashというアルゴリズムが使われていますが、それ以外はBTCとほぼ同じです。

そのためBTCと同じように、今後決済に使用できる可能性も秘めています。

マイニングが一部のマイナーに集中するビットコインの問題点を修正し、非中央集権型を実現したことは大きなメリットです。

しかし改良したASICがBTGのアルゴリズムに対応する可能性は否定できず、対応されてしまった場合、価値の下落は避けられません。

また分岐したアルトコインにありがちな予測不可能なトラブルに見舞われる可能性もあります。

新しいアルトコインにはメリットもデメリットもあるので、良く検討してから購入しましょう。

関連記事

しっておくべき仮想通貨取引で発生する税金

Zcashジーキャッシュ(ZEC)の匿名性の高さと期待について

なぜ繰り返す?仮想通貨で時々発生する暴落理由とは

BMEX(ビーエムイーエックス)の特長と登録までの流れ

仮想通貨を始めるならセキュリティ対策が1番重要な理由と選ぶ取引所とは?

仮想通貨を管理するウォレットは必要?仕組みと基本情報について