仮想通貨で注目されるブロックチェーン技術とは何なのか

仮想通貨はデータであり、国や銀行で管理されているわけではありません。管理されている人間がいないのは通貨として問題ですが、価値あるものとして支えているのがブロックチェーンと呼ばれる技術です。

ではブロックチェーンとは、どのような技術なのでしょうか。

この記事を読んだら分かること

  • ブロックチェーンがどういう仕組みなのか
  • ブロックチェーンが安全かどうか
  • ブロックチェーンの可能性

仮想通貨のブロックチェーンとは何か

ブロックチェーンとは分散型の台帳やネットワークである、取引に使う技術です。

トランザクションと呼ばれる、今までの取引記録がまとめて保管されており、まとめたものをブロックと呼んでいます。ブロックは鎖で繋げて順番に保管されており、チェーンで繋げることでブロックチェーンとなっているのです。

分散されている技術なため、ブロックチェーンは使っている人間全てで管理しており管理人がいません。

P2Pというシステムでどのコンピュータにも同じ記録がされるため、常に誰でもブロックチェーンの確認ができます。

しかし内容はハッシュ関数による暗号化がされているため、確認できるのは取引があった事実だけです。ビットコインの場合、ブロックは10分ごとに新しく作られ、以前のと繋げられると繰り返されています。

承認作業のマイニング

ブロックチェーンには管理者がいないため、常に整合性を出すための承認作業をしています。

しかし人間がするものとしては不可能な量の計算が確認には必要で、コンピュータ一つでは難しいでしょう。

そこで使っている有志がコンピュータのリソースを貸し、計算の手助けをします。作業が終われば仮想通貨を報酬としてもらえるため、承認作業をすることを採掘、マイニングと呼んでいます。

ビットコインではPoW、プルーフオブワークという仕組みが使われており、報酬は最初に計算を終えた方がもらえるのです。

マイニングにはコンピュータのスペックが問われ、膨大な計算処理をするため消費する電力も多く、電気代がかかるでしょう。今では性能勝負となり、個人でやるのは難しくなっています。

分裂もするブロックチェーン

ブロックチェーンはブロックを鎖で一つに繋いでいる構成です。

しかし必ず一つに繋がるわけではなく、分岐して別の繋がりができる場合もあります。分岐はフォークと呼ばれており、承認作業によって同時に生成されたり、仮想通貨の仕様変更が原因で起きるのです。

マイニングの件もあるため同時生成がされるのは珍しくなく、こちらは一時的なもので片方は消えるので問題ありません。問題となるのは仕様変更で、仮想通貨の製作者達で対立が起こり、一時的ではなく永遠に分岐してしまいます。

永遠に分岐すると仮想通貨が分裂してしまい、新しい仮想通貨が生まれるのです。アルトコインの一種であるビットコインキャッシュも、ビットコインから分裂して生まれた種類でした。

仮想通貨のブロックチェーンにある銘柄

ブロックチェーンはシステムの構成から、仮想通貨に限らず多くの企業から注目されている技術です。今の段階では正式に決まっていませんが、関わる企業をブロックチェーン関連銘柄と呼びます。

仮想通貨銘柄として呼ばれることもあり、参加している企業には以下があるのです。

  • テックビューロ
  • フィスコ
  • SBIホールディングス
  • GMOインターネット
  • リミックスポイント
  • オウケイウェブ
  • アドウェイズ
  • カイカ

多くは既に仮想通貨事業者として参加しており、取引所を開設しています。特にテックビューロはアルトコインの一種であるネムのブロックチェーンを使い、mijinと呼ばれる技術の開発をしました。

既に多くの企業が使っており、国内だけでなく海外からも注目されています。今後も使う企業が増えれば、仮想通貨だけでなく社会にも期待できるでしょう。

仮想通貨のブロックチェーン、セキュリティはどうなのか

仮想通貨は外部から攻撃されることが多く、被害の声も出ています。

しかし被害による声は大抵取引所が原因となっており、ブロックチェーンの技術そのものはセキュリティとして優秀なのです。

改ざん不可能な仕組み

ブロックチェーンは仮想通貨を取り扱う人間、不特定多数の人間によって管理されるシステムです。

それまでのトランザクションは全て新しいブロックに保管され、誰でも履歴の確認ができます。

少しでもデータが違うと整合性に問題が出てしまうため、改ざんしても簡単に分かってしまうのです。

改ざんができなくありませんが、全てのブロックを書き換えないといけないため、現実的ではありません。

何よりブロックは暗号で内容を見られないようにしているため、読み取るにも膨大な時間がかかってしまうでしょう。

マイニングによる承認作業も常に行われているため、不正があればすぐに見つかってしまいます。

記録と管理のシステムによって、ブロックチェーンは不正できない仕組みです。

マイニングによる利益の誘導

マイニングは承認作業で不正なデータを判断すると同時に、セキュリティも機能しています。

中にはシステムを改ざんして、自分が利益を得ようと考える不正な方もいるでしょう。

しかし仮想通貨はブロックチェーンによって価値が保たれているため、システムが機能しなくなれば価値もないデータになってしまいます。

不正を考えた場合、高機能なコンピュータを持ってどうにかしようと考えるでしょう。

マイニングでは高機能なコンピュータ程有利なため、不正に使うぐらいであれば作業して利益をもらった方がお得です。

作業して利益を得られるマイニングのシステムによって、不正な人間が出るのを防止できています。

トランザクションを使った方法

ブロックチェーンは仕組みによって、改ざんによる不正が不可能になっています。見方を変えれば、改ざんの恐れがあるものに使えるのです。書き換えで問題になりやすいのが契約であり、今でも関連したトラブルは出ています。

しかしブロックチェーンを使い、契約の記録を保存すれば改ざんを防げるでしょう。改ざんだけでなく自動で行われるため、第三者の確認といった余計なコストも減らせます。

実際に国内の銀行では、ブロックチェーンを利用した契約書の実験がされました。

まだ検討段階ですが、将来的に使われれば契約のトラブルや、余計な費用を減らせるでしょう。

記録による管理

トランザクションでデータとしてまとめて管理できるため、単純に記録する技術としても使えます。

実際に国内でも農業において、作物のデータを保存しておく実験がされているのです。

食品による偽装は今でも問題が出ていますが、データを保管しておけば防げるでしょう。

改ざんができず記録も残るため、簡単に操作することは不可能です。食品だけでなく商品に関しても使われれば、より安心できるでしょう。

しかしブロックチェーンを使った管理には、まだまだ課題が残っています。使われるとなればまだ先の話になるでしょう。

まとめ

仮想通貨を信頼できるデータにするだけでなく、多くの面で可能性を持っているのがブロックチェーンです。

将来的には社会で見かけられる、使われる技術になるのもあり得ない未来ではありません。

関連記事

仮想通貨のトークンとは何?通貨とトークンの違いについて

アルトコインとは何?ビットコイン以外の仮想通貨も注目

高機能仮想通貨のQtumクォンタム(QTUM)について解説

仮想通貨を始めるならセキュリティ対策が1番重要な理由と選ぶ取引所とは?

BitTrade(ビットトレード)の使い方とは?登録方法を解説

仮想通貨を管理するウォレットは必要?仕組みと基本情報について