初心者必見!仮想通貨の始め方について押さえておくべき内容

仮想通貨と聞くと投資という言葉が出てくるので難しく考えがちですが、はじめ方はかなり簡単です。

儲けを出すためには色々なポイントや知識が必要になってくるので、基本をしっかりと抑えて仮想通貨に触れていきましょう。

  • 仮想通貨の売買はこの記事を読めばわかる
  • この記事を読む事で仮想通貨をはじめるために何が必要かわかる
  • この記事では仮想通貨取引を行うための便利なツールを紹介している

仮想通貨初心者の方は買い方から知ろう

まずは仮想通貨取引所に口座を作る必要があります。口座開設だけなら難しい知識は不要です。

  • 取引所に口座開設をする
  • 作った口座に入金する
  • 入金したお金で仮想通貨を購入する

3つのステップで仮想通貨取引のスタートですが、取引所はどこを使えば良いか悩んでしまうのも初心者あるあるですよね。

  • セキュリティ面の評価が高い所を選ぶ
  • 大手6社と呼ばれる有名な取引所を利用する
  • 自分が知っている名前の取引所を選ぶ

インターネット上で全ての取引が完結するのでセキュリティは最も大切、ハッキングやサイバーテロの被害に会わないようにしましょう。

ZaifやbitFlyerなどの大手6社と呼ばれる取引所は有名な仮想通貨はほとんど利用できるので、候補に入れておくと良いですね。

特にbitFlyerは国内最大手と言われているので、大手ならではの安心感と信頼性の高さが魅力的です。

メールアドレスと本人確認証は必要

どの取引所を利用する場合でもメールアドレスはアカウント登録に必須、免許証などの本人確認書類も準備しておきましょう。

口座開設方法は取引所によって少しの違いはありますが、ほとんどの取引所では3分程度で登録が完了します。

メールアドレスを登録して基本情報を入力して本人確認書類を提出、郵送で本人確認が取れれば手続きは完了です。

わからない部分が出てきても大手取引所なら2サポートセンターが対応してくれます、お金を取り扱うので不確かなまま進めるのはやめましょう。

仮想通貨の始め方1・アプリについて

株やFXなどと同じで投資をする仮想通貨ではパソコンがないと出来ないと思い込む人もいますが、スマホアプリからでも利用できます。

これから仮想通貨を始めるや仮想通貨を始めたばかりの人にはアプリの利用はオススメ、上級者も色々なアプリを使い分けています。

  • 取引所アプリ
  • ポートフォリオアプリ
  • 仮想通貨のニュースアプリ
  • ウォレットアプリ
  • デモトレードアプリ

アプリの種類では5個に分類されますが、中でも初心者に一番オススメしたいのデモトレードアプリです。

デモトレードアプリは取引所に登録しなくても取引が体験できるアプリなので、お金をかけずにトレードを体験できる便利なアプリ。

すでに国内の人気取引所を利用している方は利用中の取引所がアプリを提供していないかチェック、専用アプリを利用すれば手軽で簡単にわかりやすく利用できます。

アプリのインストールも難しい操作はいらず、タップしてダウンロードするだけの簡単な物です。

ポートフォリオアプリは管理や計算が苦手な方にオススメ

ポートフォリオアプリは資産管理アプリとも呼ばれていて、所持通貨や日本円にしたときの価値などをわかりやすく表示してくれます。

仮想通貨の扱いに慣れてくると複数の取引所を利用する機会が増えてくるので、アプリを利用することで管理が楽になりますからね。

操作を間違ってもポートフォリオアプリから取引することは出来ないので、セキュリティ面の心配や誤操作による売買もありません。

全て日本語で表示のアプリを探しているならCryptofolioがオススメ、日本で開発されているので言語も日本語です。

情報は強力な武器・仮想通貨ニュースはかなり大切

仮想通貨の世界は情報量がとても多く流れも早いので、情報がどんどん新しい内容に書き換えられていきます。

仮想通貨ニュースアプリは関連したブログ記事やピックアップニュースを確認しやすいので、隙間時間で見る事も可能です。

FXや株と同じく仮想通貨は情報の鮮度が重要になってくるので、ニュースアプリは頼れる武器になります。

アルトコイン関係のニュースは日本語訳されていない物も多いですが、ビットコインニュースは問題なく読めます。

英語の記事でもGoogle翻訳などを利用すれば問題なく読めるので、海外の仮想通貨ニュースも気になる方にもオススメです。

仮想通貨の始め方2・いくらから仮想通貨取引はできる?

仮想通貨を始めたけど投資自体は始めてという場合、どのくらい買えば良いかわからないですよね。

最初から大きな金額で取引してしまう方もいますが、初心者の方はまず小額投資をお勧めします。

ほとんどの取引所は500円から1000円でビットコインが購入できます。

初期投資は人によって用意できるお金が違うので基準がありませんが、知識の無いまま投資するのは危険なので小額にしましょう。

  • 銀行口座から入金する時は最低1,000円必要
  • 取引所の最低取引単位は1円が主流
  • 用意した金額を全て投資するのは危険

銀行を利用する事を想定する仕組みになっていて、仮想通貨取引は1000円から始められるということになります。

気をつけたいのは用意した資産を一度の取引で全て使わないこと、50万円用意したからといって全てを使う必要はありません。

仮想通貨は投資というより投機なので不慣れなうちから全額投資は危険、購入した日に大暴落したら資産が無くなってしまうこともありますからね。

海外取引所のメリットって?初心者でも利用したほうが良い?

初心者の方であれば国内の取引所を利用するのが良いですが、慣れてくると海外の取引所も利用したくなりますよね。

海外の取引所を利用するメリットは大きくわけて3つのメリットがあります。

  • 取引手数料が国内より安い場合が多い
  • 取り扱っている仮想通貨の種類が豊富
  • 日本と違って本人確認が必要ないのですぐに利用できる

中級者の方やもっとたくさんの通貨を扱いたい上級者の方にはとてもメリットがあり、簡単に利用できるのも嬉しいポイントです。

英語に詳しい方ならほとんどの取引所は問題なく利用でき、翻訳サイトを使うことで苦手な人でも読むことができます。

しかし始めたばかりの初心者の方にとってのデメリットもあり、国内と違ってサポートを簡単に受けることができません。

国内の大手取引所では公式のサポートセンターに相談することが出来ますが、海外の取引所では勝手が違いますよね。

初心者の方はまず国内の取引所で慣れていき、一つの取引所から二つ三つと増やしていくのが良いでしょう。

仮想通貨初心者が売買の時に気をつけたいこと

仮想通貨には盗難補償は実質無いので二段階認証は必ず設定しましょう、実態の無いお金なので保証は無いも同然です。

最初から多額のお金を送金してはいけないもう一つの理由があり、小額でのテスト送金をしないとトラブルが発生します。

コインの種類や取引所によって送金方法は違うので慣れるほど勘違いトラブルが発生しやすく、送金した仮想通貨が着金しない場合も。

短期間で価値が高騰したコインに飛びつくのも危険、知識や経験が豊富な方は判断も出来ますが初心者の方は注意が必要です。

取引になれてくると重要な確認を見落としてしまいがちなので、面倒だと思っても一つ一つ確認してトラブルを減らしましょう。

仮想通貨に実態はなくても取引をするためには実際のお金が必要なので、確かな知識が必要です。

押さえるべきポイントをしっかりと押さえてトラブルをなくし、慣れてきたら取引の幅を広げていきましょう。

関連記事

なぜ繰り返す?仮想通貨で時々発生する暴落理由とは

仮想通貨を管理するウォレットは必要?仕組みと基本情報について

仮想通貨とは?なぜ人気なのかを解りやすく仕組みを解説

アルトコインとは何?ビットコイン以外の仮想通貨も注目

OmiseGOオミセゴー(OMG)なら決済に革命が起きる?

仮想通貨でも外貨FXのようなレバレッジ取引は出来るのか?