仮想通貨の積み立て投資は低リスクで儲かるのは本当?

仮想通貨をこれから始める方で、資金、リスク共に少なくしたいと考える方もいるでしょう。

投資には様々な手法があり、どちらもリスクを少なくできるものとして積立投資があります。

積立投資とはどのような投資で、仮想通貨の投資ではどのように始めればいいのでしょうか。

この記事を読んだら分かること

  • 仮想通貨で積立投資を始める方法が分かる
  • 積立投資が本当に儲かるか、どうメリットがあるか分かる

仮想通貨の積立投資とは?

積立投資とは、決められた時期に設定した金額を入金する手法です。

たとえば月の初めに1万投資すると決めておけば、毎月自動で投資が行われます。

自動で行われるため、投資する本人が毎回銀行口座から入金する必要はありません。

仮想通貨の積立投資も仕組みは同じで、決まった時期と金額で仮想通貨を自動で購入する方法になるのです。

しかし自動による積立投資ができる取引所は、今のところほとんどありません。

今の時点で仮想通貨の積立投資をしたい場合は、Zaifを選ばなければならないのです。

Zaifコイン積立の設定方法

当たり前ですが、積立投資を使いたい場合はZaifに登録して口座開設をする必要があります。

Zaifの登録方法

トップページに登録できるところがあるため、メールアドレスを入力して無料登録へをクリックしましょう。

終わると入力したメールアドレスにメールが届くため、掲載されているURLをクリックしてください。

最初はパスワードの入力になり、強度が50%超えるのを設定しないといけません。

パスワードは英文字や数字だけでなく、記号も混ぜて作成すれば強度が高くなります。

パスワードを設定すればアカウントができてログインできますが、まだ終わりではありません。

ページにある登録情報から、氏名や住所といった基本的な情報を入力しましょう。

次は電話番号認証を行い、本人確認で必要な書類を送れば完了です。

しかし本人確認は時間がかかり、遅れる可能性もある点には気をつけてください。

積立投資を始めるための登録方法

アカウントのページにある、Zaifコイン積立の項目をクリックします。

次は口座名義と生年月日の入力になり、自分の引き落とし先の銀行口座にあるフリガナを入れましょう。

終われば銀行の選択になるため、自分がお金を引き落とす銀行を探して選んでください。

ネット系の銀行を選ぶ場合は、その他の項目から探しましょう。

銀行を選ぶと口座情報の入力になるため、必要な情報を入れてください。

入力が終わると選んだ銀行のサイトに移動となり、書かれている規約に同意すれば終わりです。

しかし設定が終わっただけで、まだ積立投資自体は設定されていない点には気をつけてください。

積立投資の設定方法

登録に同じく、Zaifコイン積立の項目から設定できます。

設定できる仮想通貨は以下の種類です。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • モナコイン
  • ネム

それぞれ1000円単位で個別に設定が可能です。

例えばビットコインが2000円、イーサリアムが1000円、といった設定もできるのです。

金額を入力して設定変更を保存するをクリックすれば、積立投資が始まります。

しかし設定は月の8日までに行う必要があり、過ぎれば来月からになってしまうため気をつけてください。

積立投資は毎月27日に行われ、時期の変更はできません。

Zaifコイン積立のメリットとデメリット

通常の投資と比べ、積立投資を行うメリットとデメリットはあります。

少ない金額で始められる

Zaifは最低金額1000円の設定ができるため、少ない金額で始められます。

投資は生活に支障のない金額の取引を基本としますが、1000円であれば誰にでも無理はないでしょう。

仮想通貨のことをよく知らない初心者でも、1000円であれば損失も少なくでき、気にならない金額として始められるのです。

1000円の場合は金額こそ少ないですが、決まった時期に入金されるため積み立てて大金にできます。

いつでも設定変更はできるため、投資をやめようと考えたら0円にして積立投資をやめるのも可能です。

リスクを少なくできる

Zaifの積立投資には、ドルコスト平均法と呼ばれる方法が使われています。

設定された金額分を購入していく方法で、相場が上がると少なく、下がると多く購入する仕組みです。

価値の高い相場で買うと、損失が大きくなる危険性も高いでしょう。

ドルコスト平均法は相場に応じて量を変えて、リスクを減らしているのです。

仮想通貨は相場の動きが大きいため、損失も多くなってしまう危険性があります。

積立投資であれば、ゼロにはできませんがリスクを減らして取引できるでしょう。

自動で購入し、保有してくれる

積立投資は一度設定しておけば、本人がわざわざ作業しなくても自動で購入してくれます。

普段忙しく仮想通貨の取引をする暇がない方でも、購入できるのです。

自動で購入されるため、本人が相場やチャートを見る必要がないメリットもあります。

仮想通貨の相場は動きやすいため、取引する時は見てタイミングを考えなければいけません。

しかし常に見ていれば目だけでなく、精神的にも疲れてしまうでしょう。

積立投資にしておけば勝手に取引してくれるため、余計なことを考える必要もなくなるのです。

取引とは別に手数料がかかる

通常の取引と比べ、デメリットも当然ながらあります。

積立投資は何のコストもなしに使える手法ではありません。

取引とは別に積立手数料というコストがかかってしまうのです。

どれくらいかは積み立ての金額によって変わり、2000円までなら100円で済みます。

しかし3000円以上になると割合となり、以下の分だけ支払わなければいけません。

  • 3000円から9000円 3.5%
  • 1万から2万9000円 2.5%
  • 3万から4万9000円 2.0%
  • 5万以上 1.5%

高くなれば手数料が低くなるため、3000円以上の場合は高めの積立金額にした方がいいでしょう。

Zaifでは取引手数料が無料なため、心配する必要はありません。

短期で大きく稼げない

投資で得られる利益は、金額に応じて大きくなります。

積立投資は少ない金額で始められるため、リスクが大きくなるのを防げるでしょう。

しかしリスクが大きくならない分、得られる利益も小さくなってしまいます。

金額が大きくなれば利益も多くなりますが、積み立てるまで時間はかかってしまうでしょう。

短期で大きく稼ぎたいと考えている場合、積立投資は向いていません。

大きく稼ぐよりも、リスクをできるだけ減らしたい方向けといえます。

自動なため相場を見て購入できない

積立投資は自動で購入してくれ、相場の状況に応じて取引する量も変えてくれます。

しかし取引量は調整してくれますが、決して相場を見ているわけではありません。

相場が取引のタイミングとして良くない場合でも、自動なため構うことなく購入してしまいます。

仮想通貨では相場で高騰や暴落が起こるのも珍しくありませんが、暴落中でも時間が来ればお構いなしです。

危険な時に取引してしまえば、損失が大きくなる可能性が高いでしょう。

利益が出るとは限らない

先ほどのデメリットを見て分かるように、積立投資は必ず利益が出るとは限りません。

投資で利益を出せるかは、相場の動きによって決まります。

相場の動きが悪く下落が多ければ、利益もほとんど出ないでしょう。

積立投資はリスクを小さくできますが、必ず儲けられる手法ではないのです。

数ある投資の一種であり、他とは違うメリットとデメリットがあるだけに過ぎません。

必ず儲けられると考えて、手を出さないようにしましょう。

まとめ

必ず利益が出せるわけではなく大きな利益も出せませんが、通常の取引と比べリスクが少ないのは確かです。

大きく稼ぐのではなく、リスクを考えて取引したい方は積立投資を考えてみましょう。

関連記事

仮想通貨を管理するウォレットは必要?仕組みと基本情報について

新たに生まれ変わった仮想通貨Nanoナノ(XRB)について

スマートコントラクト機能のある仮想通貨Liskリスク(LSK)について

韓国では実用化されている仮想通貨ICONアイコン(ICX)とは

中国での仮想通貨の熱狂と政府での取り扱いについてのまとめ

仮想通貨ICOのプレセール情報とは?プレセールの意味と情報の探し方