仮想通貨でも外貨FXのようなレバレッジ取引は出来るのか?

ビットコインをはじめとする仮想通貨は現物取引だけでなく、FXと同じようにレバレッジ取引も可能です。

レバレッジ取引は自己資金より大きい金額が取引可能ですが、仮想通貨を自分の物にする事はできません。

  • レバレッジの仕組みが知りたい
  • レバレッジのロスカットや手数料がどうなるのか知りたい

この記事を読めばこれら二つの仕組みがわかるでしょう。

仮想通貨におけるレバレッジとは

レバレッジ取引は取引所に預けた委託保証金取引を何倍にも引き上げてくれ、現物取引とはまったく違う物です。

信用取引を使う必要があり、保証金を取引所に預けてお金を借りることで保証金以上の取引ができます。

保証金以上の取引は可能になりますが倍率は取引所が定めた範囲になるので、1,000円預けて1,000万円の取引をすることは出来ないということですね。

取引所が定めた範囲が10倍なら1万円まで2倍なら2,000円までの取引が可能、最大レバレッジは取引所ごとに違います。

GMOコインコインなら10倍でZaifなら25倍までと設定されているので、自分が求めるレバレッジ倍率を定めている取引所を探しましょう。

仮想通貨をレバレッジ取引したいんだけどやり方は?

今回はDMM Bitcoinを例として扱いますが基本的な流れはどの取引所でも変わりません。

DMM Bitcoinの場合はマイページのトレード口座をクリックしましょう。

切り替わった画面がDMM Bitcoinのレバレッジ取引の基本的な画面で、左上のレバレッジ仮想通貨ペア選択からBTC/JPYを選びます。

購入したい数量の入力が完了すると自動で必要な証拠金が出てきますが、DMM Bitcoinの口座内にある日本円が不足していると注文は出せません。

必要証拠金目安が問題なければBid(売)ボタンかAsk(買)を押すことで注文が完了、決済する時は画面下部にある一括決算ボタンが便利です。

  • どの取引所でも口座内に必要金額の日本円は準備しておく
  • 取引所によってはレバレッジ口座に別操作でチャージする必要がある
  • レバレッジ可能通貨数は取引所によって異なる
  • DMM Bitcoinは手数料無料だが手数料が必要な取引所もある

現物取引と比べても特別な操作は必要ないので、仮想通貨の取引に慣れている方でも初心者の方にも難しくありません。

上記の注意点をしっかりと覚えて自分が取引したい通貨や手数料に納得のいく取引所を見つけ、レバレッジ取引を行いましょう。

仮想通貨のレバレッジ取引は手数料がかかるの?

信用取引やレバレッジ取引は無料の所と手数料が必要な所があるので、手数料をかけたくない人には注意が必要です。

  • DMM Bitcoin:取引手数料無料でスワップポイントが0.04%、レバレッジは5倍
  • bitFlyer:取引手数料無料でスワップポイントは0.04%、レバレッジは15倍
  • Zaif:取引手数料は無料でスワップポイントは0.039%、レバレッジは7.77倍
  • bitbank TRADE:取引手数料は0.01%でスワップポイントは0%、レバレッジは20倍
  • QUOINEX:取引手数料は無料でスワップポイントは0.05%、レバレッジは25倍
  • BITPoint:取引手数料は無料でスワップポイントは0.035%、レバレッジは25倍
  • BTCBOX:取引手数料は無料でスワップポイントは変動、レバレッジは3倍
  • GMOコイン:取引手数料は無料でスワップポイントは0.05%、レバレッジは10倍
  • みんなのビットコイン:取引手数料は無料でスワップポイントは0.05%、レバレッジは25倍
  • coincheck(現在停止中):取引手数料は無料でスワップポイントは0.04%から、レバレッジは5倍

ほとんとの取引所では手数料が必要ありませんが、利用している取引所がレバレッジ取引に手数料をかけているかを確認しておきましょう。

0.01%の手数料といっても度重なる取引や大きな金額を動かせば、いつのまにか手数料に物凄い金額をかけていることもあります。

上記の取引所の中でもDMM Bitcoinはかなり目を引き、レバレッジは固定5倍ですがレバレッジ取引通貨数は7通貨で国内最多です。

日本円出金手数料が無料というメリットもあり多くの仮想通貨をレバレッジ取引する方であれば、とても魅力的な取引所と言えます。

仮想通貨のレバレッジ取引にあるロスカットってなに?

レバレッジ取引にあるロスカットとは証拠金維持率が取引所が決めたパーセンテージ以下になった場合に発生する、強制決済のことです。

証拠金維持率が50%以下になった時に強制ロスカットが発生する取引所で、100万円を1ドル=100円で投資した場合の一覧で確認してみましょう。

  • レバレッジ1倍の場合はどれだけレートが下がっても強制ロスカットは発生しない
  • レバレッジ2倍の場合では49%ダウンの51円になった時に強制ロスカット
  • レバレッジ3倍の場合では32%ダウンの68円で強制ロスカット
  • レバレッジ5倍の場合では18%ダウンの82円になった時に強制ロスカット
  • レバレッジ10倍の場合では8%ダウンの92円になった時に強制ロスカット
  • レバレッジ15倍の場合では5%ダウンの95円になった時に強制ロスカット
  • レバレッジ20倍の場合では5%ダウンの95円になった時に強制ロスカット
  • レバレッジ25倍の場合では2%ダウンの98円になった時に強制ロスカット

レバレッジ10倍以上になると小さなパーセンテージの変動で強制ロスカットになり、25倍の強制ロスカットはわずか2%です。

レバレッジを上げすぎると少しの動きでロスカットになってしまうので、ハイリスクハイリターンと言えるでしょう。

ロスカットを発生させないために気をつけること

ロスカットが発生してしまう要素として相場の急変についていけない場合と損切りを行っていない場合、この二つにわかれます。

FXでも仮想通貨のレバレッジ取引でも気をつけるべき点は同じなので、以下の注意点を覚えておきましょう。

  • ポジションを週末まで持ち越さないように気をつける
  • 損切りは必ず入れるように心がける
  • ロスカットの危険性を常に考えてレバレッジは低く設定

レバレッジを高く設定すればそれだけ見返りも多いですが、失ったときのリスクも大きくなってしまいます。

手堅く確実な収益をあげるにはレバレッジを上げすぎないことが大切なので、経験をつむまで低めの倍率にしましょう。

ロスカットを避けるために損切りは徹底

勝ち続けているほど損切りを徹底して行っていますが、中々勝てない方や負け続けている方は損切りが出来ていない場合が多いです。

強制ロスカットを作動させてしまうのは避けたいので、読み違えて損が出てしまう前に小さく損切りしておけばロスカットを発生させません。

損切りは自分からお金を失うことを認める作業なので気持ち的に難しいもの、けれど勝つ為には自分で決めたトレードルールを守ることが大切です。

レバレッジを低く設定するメリット

小額でも高いレバレッジをかけることでハイリターンを望めるのがレバレッジ取引の魅力ですが、高く設定しすぎてはすぐに損失が出てしまいます。

小さな勝ちを繰り返して元手が増えてくるとハイリターンを狙いたくなりますが、レバレッジ25倍では少し目を離した隙にロスカットなんてことにも。

少し取引にも慣れてきたと感じる頃が大損失を生み出す原因と言われているので、レバレッジの設定は慎重に行いましょう。

ポジションを持ちすぎない大切さ

高倍率のレバレッジをかけている場合は特に大切なのがポジション、寝ている間も持ったままだと起きたら大暴落ということもあります。

低レバレッジでも出来るだけ金曜日に全ポジションを決済するのがオススメ、土日をはさむので48時間は取引が出来ませんからね。

万が一土日に市場に影響が出るような大きな事件や事故が起きたり自然災害が起こると、月曜日になった途端強制ロスカットになる可能性もあります。

レバレッジ取引は自己資金以上の購入が出来るので魅力的、投資効率を上げられるメリットがあります。

海外では4,000倍のレバレッジをかけることも可能ですが、高すぎる倍率はすぐにロスカットの危険があるので注意して行いましょう。

関連記事

しっておくべき仮想通貨取引で発生する税金

初心者必見!仮想通貨の始め方について押さえておくべき内容

なぜ繰り返す?仮想通貨で時々発生する暴落理由とは

仮想通貨の積み立て投資は低リスクで儲かるのは本当?

Tetherテザー(USDT)どうなる?さまざまな噂の尽きない仮想通貨

仮想通貨のマイニングはどうやって始めるのか?使用ソフトと使い方