仮想通貨のマイニングはどうやって始めるのか?使用ソフトと使い方

仮想通貨情報を調べているとマイニングという言葉を目にすると思いますが、マイニングは仮想通貨を手に入れる手段の一つです。

別名で採掘とも言われているマイニング、どうすれば利用することが出来て仮想通貨を手に入れられるのでしょうか?

  • この記事では仮想通貨のマイニングについて知ることができる
  • どうすればマイニングがはじめられるのか、この記事を読めばわかる

仮想通貨がもらえるマイニングとはどんなものなのか

マイニングはビットコインやアルトコインにおける計算力を必要とする作業のことで、仮想通貨の新規発行などに関係します。

マイニングは世界中の人々が行っている作業で、手間も時間もかかるのでマイニングを成功させた人に仮想通貨が支払われる仕組みです。

マイニングには仮想通貨における取引を承認する大切な役割もあり、誰から誰に仮想通貨を送ったというデータが正しいかを確かめます。

噛み砕いて言えば一冊の取引台帳にみんなで記録や追記をして、正確に書いてくれたら仮想通貨をプレゼントするというもの。

パソコンとソフトがあれば誰でも挑戦できるのがマイニングの魅力ですが、発掘作業に必要な知識はとてもハードルが高いというデメリットもあります。

仮想通貨のマイニング作業はどういう仕組みなのか

マイニングとは仮想通貨の暗号化システムや取引履歴のシステムに個人的に参加することで、参加自体に制限はありません。

仮想通貨は一定時間ごとに取引記録を取引台帳に追記してぴったりあっているかを管理し、追記処理には世界中にあるデータを記録する必要があります。

仮想通貨の正当性を保っているのはマイニング作業をしている有志の人たちのおかげであり、マイニング参加は整合性を管理する役割を受け持つことにも。

ビットコインの新規発行はマイニング作業をしないと行われないので、ビットコインの将来性を信じるなら作業に参加するのも良いですね。

世界中にいる誰かの努力によって仮想通貨が生まれていると考えると、ビットコインはとてもロマンのある存在です。

どうして仮想通貨の発行は発掘と呼ばれているのか

仮想通貨は銀行の紙幣と違って発行上限が決まっており、最も有名なビットコインの総量は2,100万コインと決められています。

現在発掘されているビットコイン以外にも埋もれたままのコインがあり、金鉱を掘り当てる感覚に近いことから発掘と呼ばれているのです。

企業で参加しているマイニング事業も登場してきている中でも、ソロマイニングと呼ばれる一人で発掘を行う人もいます。

ゴールドラッシュ時代のアメリカや石炭が最重要の燃料とされていた時代の日本に近く、発掘と呼ぶに相応しい金額が報酬として支払われます。

10分に一度報酬を得るチャンスがあるので、マイニングを行う人は日々増加しています。

仮想通貨の発掘をしてみたいけどオススメのマイニングソフトは?

マイニング作業は手動でやると初心者は思い込みがちですが、マイニング作業をサポートするソフトはあります。

  • 初心者にオススメされるビットコイン発掘ソフト・Minergate
  • GPUマイニングを行うならnicehash
  • イーサリアムのマイニングにはClaymore’s Dual Ethereum Miner

他にもたくさんのマイニングソフトが登場していますが、初心者にオススメされているのは設定するだけで勝手に発掘してくれるソフトです。

Minergateなどは掘りたい通貨を選んでCPUとGPUの割り当てを行い、ボタンを押すだけで自動発掘がスタートするので簡単に作業が出来ます。

アルトコインの知識がない方でも良質の通貨が掘れる可能性があるので、初心者にオススメされているソフトですね。

ソロマイニングは一攫千金を狙えるがハードルが高い

基本的にマイニングは参加自由で資格や免許も必要なく、誰でも発掘作業を行えるので敷居が低く見えますよね。

しかしソロマイニングを行おうとする場合、必要な物や知識を見てみましょう。

  • ハイスペックなパソコンかマイニング専用機
  • 発掘時間はほぼ24時間なので電気代がかかる
  • CPUやGPU設定が必要なのでパソコンの知識が必要

マイニング専用機が自作できるほど知識や技術がある方なら費用は抑えられますが、初心者向けマイニング専用マシンも25万円以上かかります。

専用機を購入すれば知識は必要ないと考えてしまいますが、マイニングソフトを効率よく動かすには最適な設定が必要です。

資金があってとりあえず発掘してみたい方には専用機の購入は良い方法ですが、資金をあまりかけたくない人にとってマイニングのハードルは高いです。

作業量やパソコン性能に応じて報酬が支払われるプールマイニング

複数の発掘者がインターネット上で共同作業を行うことをプールマイニングと呼び、現在最も主流なマイニング方法と言われています。

報酬は分配されるので独り占めすることは出来ませんが、パソコンの性能や仕事量に応じた貢献度に基づいて支払われるのでタダ働きがありません。

計算能力が高い発掘者が集まっているグループに参加すれば報酬を得られる可能性があがりますが、プールマイニングにもメリットとデメリットはあります。

  • 高水準のマイニングチームに入れば報酬を得やすい
  • 自分の貢献度が低いと報酬が少ない

ソロマイニングと比べると報酬を得られるハードルは一気にさがりますが、その分ローリターンというのは覚えておきましょう。

ビットコインマイニングは日々激化

ビットコインは存在そのものが有名なのでマイニングを行う人が日々増加し、企業単位の参入もあるので稼ぎを出すのが難しくなっています。

有名な話では中国では大人数の発掘者を用意して工場にずらりとパソコンを並べ、一日中作業をしているので個人では勝てない場合がほとんど。

人数差も大事な戦力ですが個人と企業ではかけられる費用に差があり、パソコンショップで売っているパソコンでは勝てる可能性が低いです。

それでも一攫千金を狙ってパソコンスペックギリギリの勝負を挑むと、熱暴走で故障したり電気代だけがかかり赤字になることも。

海外ではビットコインを発掘するためにマイニング事業を立ち上げては倒産するケースが多く、ビットコインマイニングはデメリットが大きいと言えます。

結局マイニングは儲からないの?

ビットコインマイニングでは歯が立たないとは言っても、ライトコインやイーサリアムといったアルトコインマイニングは勝ち目があります。

ビットコイン以外の仮想通貨をマイニングすれば利益を出すことは十分に可能、しかし注意点も覚えておきましょう。

  • マイナーすぎる通貨はある日突然価値がなくなる
  • 発掘出来ても報酬が少なく電気代が高い日本では赤字になりやすい

ビットコインと比べてアルトコインは流通数が少ないので、突然価値が消える可能性があるので注意しましょう。

アルトコイン発掘にもビットコイン発掘でも言えることですが、電気代が高い日本では仮想通貨の将来性を考える事も大切です。

マイニングは仮想通貨に関係する大切な物ですが、仮想通貨以外の知識も必要になることも覚えておいてください。

マイニングは使いやすいソフトの登場によって、発掘作業を行うハードルはとても低くなっています。

パソコンの知識があって仮想通貨に興味がある方には触れやすいですが、パソコンの知識が無いと難しい物であることに変わりはありません。

関連記事

アルトコインとは何?ビットコイン以外の仮想通貨も注目

仮想通貨とは?なぜ人気なのかを解りやすく仕組みを解説

Bitcoin Goldビットコインゴールド(BTG)で改善された問題点とは

初心者必見!仮想通貨の始め方について押さえておくべき内容

Tetherテザー(USDT)どうなる?さまざまな噂の尽きない仮想通貨

仮想通貨の支払いに対応する店舗での実際の使い方について