新たに生まれ変わった仮想通貨Nanoナノ(XRB)について

2018年になって急にニュースで耳にするようになったNano/ナノ(XRB)があります。

生まれ変わったナノの注目されている理由や将来性についてみてみましょう。

この記事を読んだらわかること

  • NANOが優れている特徴がわかる
  • Nano/ナノ(XRB)はなぜ生まれ変わる必要があったのか
  • 生まれ変わったことのメリットがわかる

概要

Nano/ナノ(XRB)は2018年1月31日に公開されましたが、その段階で初めて仮想通貨として知られたわけではありません。

XRBはもともとRaiBlocks(ライブロックス)という仮想通貨として、2017年5月に公開されていたものでした。

仮想通貨についての知識を持っている方でも、知名度が低かったため、以前の名称に覚えがないかもしれません。

RaiBlocksは名称を変更し、Nano/ナノ(XRB)として生まれ変わることにしました。

リブランドされたNANOは、市場に歓迎され大きく値を上げました。

NANOは、発行上限数が決まっており、最大で133,248,290NANOまで発行される予定です。

確認ですがNANOとはプラットフォームの事で、NANO上で使用される仮想通貨がXRBです。

特徴

Nano/ナノ(XRB)の特徴は大きく分けると、以下の3つがあります。

  • 最先端のDAG技術
  • 送金スピードが速く、送金手数料が無料
  • 中国大手仮想通貨取引所の人気№1

仮想通貨と聞くと、すぐにブロックチェーンと思い浮かぶかもしれません。

知名度の高いビットコインもブロックチェーンによって、取引を記録し承認を行っています。

しかしNano/ナノ(XRB)は、多くの仮想通貨が使用しているブロックチェーンを使用していません。

使用している技術は、DAGと呼ばれているもので、ByteballやIOTAといった仮想通貨でも使われています。

そもそも通常のブロックチェーンとは異なる技術で、仮想通貨を発行しているのには理由があります。

ビットコインなどの仮想通貨は非常に有名になり、多くのユーザーが購入し取引を行っています。

ビットコインを所有する方が増え、取引量が増えることで、取引スピードやマイニングによる承認の遅さに不満を抱く方が増えてきました。

そこでNano/ナノ(XRB)は、ブロックチェーンではなくDAG技術を採用しました。

DAGとは、Directed Acyclic Graphの略であり、日本語の意味では有向非巡回グラフです。

ビットコインなどで使用されているブロックチェーンでは、取引の記録を一定の時間ごとに取りまとめて1つのブロックにしてから承認作業を行います。

これによってデータの正確性が保たれ、不正や改ざんを行えなくなりますが、ブロックを作り取引を記録し承認するマイニングという作業が必要になります。

マイニングを行うことで、正当性の高い1つの取引記録のみが残り、それが他のブロックチェーンにつながれます。

理論的には非常に優れていますが、常にマイニングが必要であり、マイニング自体に時間がかかってしまいます。

結果として取引が記録されるまでの時間が必要となり、送金スピードも落ちてしまいます。

DAG技術は、そもそもマイニングをなくすことを目的に開発されたものです。

Nano/ナノ(XRB)はDAGを採用することで、マイニングによる取引記録と承認作業をなくしました。

代わりに、取引を行うユーザーが自分のPCの能力を貸して、自分の取引より前の2つの取引を承認します。

承認を行う作業がたった2つになったため、承認時間は短く取引はあっという間に終わります。

少し分かりにくいかもしれませんが、Nano/ナノ(XRB)にはマイニング作業がないため、送金スピードが非常に早いという特徴があります。

さらにマイニング作業が必要なくなるため、マイナーへの報酬が必要なくなり、結果として送金手数料を無料にできます。

DAGを採用したことで送金スピードがあがり、さらに送金手数料が無料になったのは大きな特徴でしょう。

先進的な技術への期待値から、Nano/ナノ(XRB)は非常に注目を集めており、中国大手の仮想取引所Binanceの人気投票で第1位を獲得しています。

リブランドされた仮想通貨が、ここまでの評価を受けることは異例で、非常に期待値が高いことがわかります。

メリット

Nano/ナノ(XRB)を利用するメリットは、DAG技術を使用することで実現した取引スピードの速さです。

ビットコインによって送金をすると、取引所によって異なりますが、取引承認まで数十分かかることもあります。

Nano/ナノ(XRB)は、送金が早いと言われているリップルよりもさらに早く送金ができるため、高速送金と表現しています。

またDAG技術により、他の仮想通貨で必要になるマイニングの作業が必要ありません。

マイニング作業がなくなるとマイナーへの報酬がいらなくなり、送金手数料を取る必要がなくなるため、Nano/ナノ(XRB)では送金手数料が無料です。

さらに、通常マイニング作業を行うために大量の電力を消費することになります。

結果として電力の安い中国などでマイニング作業を行う会社まで出てくるようになり、マイナーに偏りが出て問題になりました。

Nano/ナノ(XRB)は、そもそもマイニングが必要なく、無駄な電力の消費を抑えられ地球環境にも良いと言えるでしょう。

一部の人だけがマイニングを行うことで中央集権型になるのではなく、取引を記録する作業を公平に分散できるメリットもあります。

そもそもビットコインなどの欠点を解決するために誕生したDAG技術なので、ビットコインに対して不満を感じる部分は解決されているわけです。

最後のメリットは、Nano/ナノ(XRB)を取り扱っている取引所が小さなところではなく、中国大手のBinanceであることです。

大きな取引所が扱うようになると仮想通貨自体の信頼性も増すため、今後の成長を見込めるようになります。

実際、Binanceに上場する時にナノの価格が一気に上昇し、リブランドは仮想通貨にとってプラスに働くという認識になったほどです。

デメリット

今の所Nano/ナノ(XRB)は、日本の取引所に上場していないため、取引する時は必ず海外の取引所の口座を開かなければなりません。

海外取引所の口座を開設しても直接現金を送ることはできないため、まず日本の取引所でも口座を開設しなければなりません。

日本の取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入し、通貨を海外取引所に送金して初めてNano/ナノ(XRB)が取引できるようになるわけです。

実際にXRBが取引できるまでの行程が増えてしまうのはデメリットでしょう。

とは言え、この手間は全ての海外取引所に共通していることであり、XRBだけの問題ではありません。

もう1つのデメリットは、2018年2月にイタリアの取引所で200億円分のNano/ナノ(XRB)が盗まれた事件が起き、仮想通貨として大打撃を受けてしまいます。

仮想通貨の盗難事件は取引所のセキュリティーの問題であり、直接Nano/ナノ(XRB)に責任はありませんが価格の急落を引き起こしました。

一時的に価格を大きく下げたものの、その後少しずつ回復してきているので、盗難事件による影響はなくなってきていますが、盗難のイメージはなかなかなくなりません。

まとめ

Nano/ナノ(XRB)は、最先端のDAG技術を採用した期待の仮想通貨です。

2018年2月に中国大手の取引所であるBinanceにも上場し、すぐに人気№1を獲得しています。

シンプルで高機能であり、取引スピードが非常に早いところが市場から高評価を受けているので、今後のさらなる成長が期待されています。

イタリアの取引所での盗難事件によって大きく値を下げたものの、価格には回復傾向が見られています。

セキュリティーにも力を入れており、Nano Bug Bounty Programを始めています。

一般の方でNANOのコードを見て、脆弱性やバグを見つけて報告すると、XRBやBTCを支払うシステムです。

こうしたセキュリティー対策に力を入れているところからも、今後がより楽しみな仮想通貨と言えます。

関連記事

仮想通貨を始めるならセキュリティ対策が1番重要な理由と選ぶ取引所とは?

仮想通貨でも外貨FXのようなレバレッジ取引は出来るのか?

Zcashジーキャッシュ(ZEC)の匿名性の高さと期待について

BMEX(ビーエムイーエックス)の特長と登録までの流れ

仮想通貨を管理するウォレットは必要?仕組みと基本情報について

仮想通貨のトークンとは何?通貨とトークンの違いについて