仮想通貨を始めるならセキュリティ対策が1番重要な理由と選ぶ取引所とは?

仮想通貨は昔と比べ知名度が上がった分、悪意のある人間からの攻撃も多くなりました。

他人事ではなく、自分が被害に遭ったとしても不思議ではないため、守るためのセキュリティを分かっておく必要があります。

では仮想通貨のセキュリティとしては何があるか、自分でする場合は何をすればいいでしょうか。



この記事を読んだら分かること

  • 取引所にはどのようなセキュリティが使われているか分かる
  • どこの取引所がセキュリティが整えたられているか分かる
  • セキュリティを考えた場合、自分で何を用意したらいいか分かる

仮想通貨のセキュリティにはどのような仕組みがあるか

仮想通貨は基本的に取引所で取り扱うため、外部から攻撃される危険性が高いところです。

取引所を運営している側も分かっており、様々なセキュリティを使って守っています。

取引所によって違いますが、主に以下のようなセキュリティを使っているのです。

二段階認証

取引所でアカウントへログインするには、IDとパスワードが必要です。

逆に言えば悪意のある人間がIDとパスワードを取得した場合、不正にログインできてしまうでしょう。

防ぐために取引所では、二段階認証というセキュリティを使っています。

二段階認証はIDとパスワードだけでなく、もう一つ別の情報を入力しなければいけません。

情報の内容は場所によってそれぞれですが、取引所の場合はコードが送られて入力する仕組みになっています。

コードを直接本来の持ち主に送ることで、簡単にログインされてしまうのを防ぐのです。

コールドウォレット

ウォレットはホットとコールドの2種類に分類できます。

基本的にホットはネット上にあるもの、コールドはネットから離れたところにあるものです。

ネット上にウォレットを置いておくと常に攻撃の危険へと晒されてしまうため、ホットはセキュリティに問題があります。

コールドはネットから離れて保管される分、必ずではありませんが外部からの攻撃を少なくできるでしょう。

口座開設した方の資金をコールドウォレットに保管することで、外部からの危険を防げるのです。

実際に最近、取引所におけるウォレットの問題で事件が起きたこともありました。

資産の分別管理

正確にいえばセキュリティとは少し違いますが、資金を守る意味では同じでしょう。

分別管理とは運営に使う資金と、客から預かっている資金を別々に保管する行為をいいます。

分けて管理することで仮に会社が倒産したとしても、預けていた資金に被害は出ません。

被害が出ていないため、預けた資金を無事に返せるのです。

分別管理がされていないと運営に使う資金と同じく使われてしまい、不正に使われる危険性が出てしまいます。

会社が倒産したとしても資金の戻ってこない可能性が高いでしょう。

SSL

ネット上では情報送信されるのが当たり前の環境になっています。

しかし情報は外から盗むことも可能で、盗まれれば悪用されてしまうのです。

SSLは送信する情報を暗号化させる仕組みで、外部から見ても分からない情報にしてくれます。

盗まれても解読しなければ意味がなくなるため、悪用を防げるでしょう。

暗号化は送信される間だけで、終われば元の普通の情報に戻って見られるのです。

他と違いSSLは、URLの部分がhttpsになっているかで使われているか判断できます。

マルチシグネチャ

マルチシグネチャは複数の署名を必要とするセキュリティです。

使っていると情報やお金を送信する時、一つだけでなく決まった数の同意がないとできません。

決まった送信の際に複数の同意が必要なため、通常の送信から見ると面倒な仕組みです。

しかしたとえ悪意のある人間が不正に情報を手に入れたとしても、他からの同意がなければ取引できません。

複数の同意を使うことで不正な送信を防げるのです。

数名の管理になるため、外部からだけでなく内部からの不正も防げます。

仮想通貨を扱う取引所のセキュリティランキング

取引所によってもどのようなセキュリティを使っているかは違います。

被害を防ぎたいと考える場合、セキュリティの高い取引所を選びたいと考えるのは当たり前です。

セキュリティの高い取引所をランキングとして順に並べると、以下のようになります。

しかし取引所のセキュリティ意識は常に変わるため、順位が全てと考えないでください。

1位、ビットフライヤー

国内において最も有名な取引所でしょう。

取引所の中でビットコインの取引量が最も多いメリットに目が行きがちですが、セキュリティもしっかりしています。

基本的なのは当たり前ですが、国内ではマルチシグネチャを使っている数少ない取引所でもあるのです。

それだけでなくビットフライヤーは、海外からの評価で高い評価をもらっています。

国内取引所で唯一上位に入っていると見れば、それだけセキュリティ性が高いと分かるでしょう。

今はまだされていませんが、不正ログインによる補償サービスも行われる予定です。

2位、ビットバンク

ビットフライヤーに次いで、国内で注目されている取引所でしょう。

取引量のランキングでも、大きく上げてビットフライヤーに次いで高くなっています。

セキュリティとしては基本的なのは全て使われていますが、注目なのはコールドウォレットです。

全ての仮想通貨による保有をコールドウォレットに保管しており、ホットウォレットは使っていません。

マルチシグネチャも使っていて、セキュリティ性を高めているのです。

しかし急激に成長した取引所なためか、サーバーの対処ができていない欠点があります。

3位、QUOINEX

コインエクスチェンジと、初見ではまず読み方が分からない国内取引所です。

取引所としては規模が大きく、その分セキュリティに関しても力が入っているでしょう。

全てコールドウォレットで保管されており、マルチシグネチャも使われています。

特にセキュリティが感じられるのは出金時で、二段階認証を使って不正を防いでいるのです。

プログラムではなく人間の手で作業をしており、出金に対する不正を防いでいます。

その分出金に時間がかかってしまうため、デメリットも出てしまっています。

4位、GMOコイン

昔から投資の運営で有名なGMOが提供している国内取引所です。

取引ばかりだけでなく、セキュリティに対する環境も考えられて運営されています。

GMOは情報セキュリティに対する規格であるISO27001を取得しているため、安全性に保証があります。

保険会社と提携し、無償サービスだけでなくサイバー攻撃への対策もされているのです。

マルチシグネチャにも対応しており、コールドウォレットも必要な時以外は保管場所になっています。

しかし相場の動きによって取引への規制は入るため、安定しない部分があるのは欠点でしょう。

5位、ビットポイント

ブロックチェーンの銘柄としても有名な、リミックスポイントの子会社が運営している国内取引所です。

上位に比べると知名度としては劣ってしまいますが、円以外で仮想通貨の売買をしたり、MT4を使えたりと他にはない特徴があります。

セキュリティとしてはコールドウォレット以外にも、マルチシグネチャと一通り使われているのです。

大きな特徴は仮想通貨の取引所としては珍しく、信託保全がされている点にあるでしょう。

ビットポイントは信託銀行による信託保全スキームを入れており、預けている資金に保証が持たされています。

しかし信託保全の対象は現金部分だけで、仮想通貨にはまだ使われていません。

仮想通貨で取引する上で役立つセキュリティソフト

仮想通貨と付き合っていく場合、取引所ばかりに頼るだけでなく本人もセキュリティに関して気を配らなければいけません。

本人がセキュリティで考えるべきことに、以下のような点があります。

☆パスワードは分かり難く、簡単に解読されないものにする

☆パスワードとメールアドレスは他に使い回さない

☆情報はSNS等で無闇に出さない

☆外のFreewifiを使わない

☆ウィルス対策ソフトを用意する

☆自分で保管できるハードウェアウォレットを用意する

仮想通貨のセキュリティに使えるウィルス対策ソフト、ハードウェアウォレットには以下のようなものがあります。

Trezor

Trezorとは仮想通貨を保管するためのハードウェアウォレットです。

ビットコインだけでなくアルトコインの一部にも対応しており、取引所にはない種類も保管できます。

ハードウェアウォレットの中ではシンプルで使いやすく、自分のパソコンに応じて環境も変えられるのです。

アカウントを複数作れて、仮想通貨を分けて保管もできるでしょう。

下のLedgerに比べると対応している種類は少ないですが、初心者でも使いやすいです。

しかし無料で使えるわけではなく、1万円程度と少し高いのが欠点といえます。

Ledger Nano

上記のTrezorと同じく、仮想通貨を保管するハードウェアウォレットです。

一つだけでなく通常のとNanosの2種類があります。

Trezorに比べると対応している仮想通貨は多く、有名な種類のアルトコインは問題なく保管できるでしょう。

価格も安く1万円以下で購入できますが、あまり安いと不正な商品の可能性があるため、しっかりした通販サイトで買ってください。

しかし使うのにChromeブラウザが必要で、使える環境が限定されている欠点があります。

自分のパソコン環境に合わせ、どちらを利用するか考えてみましょう。

ESET

仮想通貨に限った話ではありませんが、特に攻撃されやすい対象にとってウィルスは危険です。

仮想通貨で取引を考える場合は、ウィルス対策としてセキュリティソフトを入れておいた方がいいでしょう。

基本的には無料のでも構いませんが、性能を考えると有料のソフトを選んだ方が安全です。

ESETはここ最近ウィルス検出としては問題ありますが、非常に軽くて使いやすいソフトになっています。

ウィルス対策に必要としても、ソフト自体が動作の邪魔をしては意味がありません。

機能もシンプルながら一通り揃っており、どのパソコンでも使えます。

ノートン

ウィルスソフトとしてはお馴染みのノートン。

セキュリティ性能はトップクラスであり、ウィルス検出率は高いです。

軽さもありますが、ブラウザのアドオンを有効にすると重くなるため、使う場合はアドオンを無効にした方がいいでしょう。

価格もESETとそこまで変わりませんが、5台で使うとなればノートンの方が高いです。

使うパソコンに応じて考えましょう。

avast

無料のアンチウィルスとして有名なソフトです。

無料ですが性能は有料に迫る程で、高い検出性と脆弱性の対策もされています。

軽さはありますが、一方でパソコンの起動に時間がかかるようになってしまうのです。

ウィルスの検出性は高いですが、一方で未知なるタイプには弱く、誤検出も多いとされています。

欠点はありますが、無料で使えることを考えれば十分な性能を持っているでしょう。

無料だけでなく有料版もありますが、基本的には無料で十分です。

まとめ

どれだけセキュリティを整えたとしても、残念ながら完全に被害を防げるわけではありません。

しかし確率を低くはできるため決して無駄ではなく、セキュリティを考える価値はあります。

関連記事

仮想通貨のアフィリエイトの種類について?まだ儲かるのか?

OmiseGOオミセゴー(OMG)なら決済に革命が起きる?

仮想通貨の積み立て投資は低リスクで儲かるのは本当?

仮想通貨のマイニングはどうやって始めるのか?使用ソフトと使い方

新たに生まれ変わった仮想通貨Nanoナノ(XRB)について

仮想通貨とは?なぜ人気なのかを解りやすく仕組みを解説