仮想通貨とは?なぜ人気なのかを解りやすく仕組みを解説

仮想通貨という名前を聞いた事があるが、どんな仕組みで何ができるのか?という事まで知っている人はまだまだ少ないです。

仮想通貨について詳しく知りたい方や実際に通貨を扱いたい方に向けて解説していきます。

このページを最後まで読むと以下の事が理解できます。

  • 仮想通貨についての基本情報が理解できる
  • 仮想通貨は何に利用できるのかを知ることができる

仮想通貨ってなに?どんなお金なのかわかりやすく教えて

仮想通貨は銀行が発行しているお金と違い、インターネット上で取引できる通貨のことです。

特殊なのは国や機関が発行している通貨ではなく管理者が不在な点(一部中央管理している通貨もあり)が大きな要因でしょう。

そして国が発行しているお金はどんなお店でも支払いに利用することが可能ですが、仮想通貨は正式なお金ではないので、仮想通貨が使えるお店以外では利用できません。

仮想通貨の取引所を開設している人やウォレットを持っている人同士であれば送受金できます。

仮想通貨は世界共通のお金という国境を超えた、為替の枠を超えた部分で注目を集めています。

日本ではまだまだ普及率が低いですが、仮想通貨を持っていれば世界中どこでも両替しなくても買い物が出来る日もくる可能性があります。

仮想通貨ってお店で使えないの?どういう仕組みで?

仮想通貨は国が認定した法定通貨ではなく、まだ日常生活では使えない場所がほとんどです。

またネット上のデジタル通貨でまだまだ法整備の甘さや取り扱いには注意が必要な部分が目立ちます。

  • 課税の逃げ道になってしまう
  • マネー・ローンダリングに使われる可能性が高い
  • 仮想通貨と法定通貨を交換できる施設の管理体制が甘い
  • 仮想通貨を使う人への価値の保証が無い

以上の理由以外にも詐欺に利用されやすいなどの問題があり、デジタル通貨から世界共通通貨になるには道のりが遠い現状です。

また通貨の価値も変動が大きく不安定なのが現状。

日本円で例えると100円は100円の価値しかなくそれ以上でも以下にもなりませんが、仮想通貨は価値が変動します。

昨日は100ビットコインでお弁当が買えたのに今日はお菓子すら買えない!そんなことも可能性としてはありえます。

しかし仮想通貨の認知度に比例して、ビットコイン支払の他にネムやモナ、その他メジャーアルト通貨で決済ができるお店が増えてきているもの現状です。

仮想通貨が難しいのは時価総額が理由

仮想通貨には時価総額というものが存在し、株と似たような扱いで365日24時間仮想通貨の価格は変動しているのです。

仮想通貨と一言でいってもビットコインやイーサリアムなど、株と同じで沢山の通貨が市場販売されているので時価総額はその目印と言えます。

通貨発行量と市場価格で仮想通貨は評価されて常に価格が変わるので、時価総額が大きいと注目されている仮想通貨ということになりますよね。

しかし仮想通貨が気軽に利用できないのも時価総額が理由、日本国内で買い物をするなら円高でも円安でも関係ありません。

ですが仮想通貨は世界中で売られているので相場が常に変わるため、一定の価値が生み出せない不安定なお金だと言えます。

  • ジュースをレジに持っていった瞬間価値が下がって買えない
  • 日本円なら100円で買えるのに5倍の費用がかかった

こうしたデメリットも生まれるので人気が無さそうに見える仮想通貨ですが、2017年から仮想通貨は一気に人気が上がっています。

扱いが難しそうなのに理由?2017年は仮想通貨元年?

2017年は一般の人にも仮想通貨が大きく知れ渡った”仮想通貨元年”だと言われており、ビットコインをはじめとする仮想通貨のニュースが多く見られています。

仮想通貨は将来性があると評価が急上昇していて、これまでより更に価値があがり話題にする人が増えてきているのが現状です。

  • リップルやイーサリアム・ADAなどのアルトコインも経済紙や日経新聞に掲載されてきた
  • 各取引所が芸能人を起用してテレビCMで見かけるようになった
  • 東京では仮想通貨関連の看板を見かけるようになった
  • 三菱東京UFJ銀行が仮想通貨であるMUFGコインを一般向けに開発し始めた
  • 仮想通貨の法整備が進んだ

こうした理由からよくわからないお金だった仮想通貨でも私たちの日常生活の中で見かける機会が多くなりました。

特に芸能人のCM起用は、幅広い年代層にも知れ渡る事になりました

経済界ではやはり日経新聞にリップルが掲載された事による爆発的な価格上昇のきっかけになりました。

またメガバンクが発行することによって信頼性があがり、知名度も一気に上昇しました。

三菱UFJフィナンシャル・グループが自社開発を行っているニュースは全国に流れ、決済や送金の利便性を上げようとしていると報道されています。

法的な整備でも仮想通貨の交換所には国登録が必要になったことで、安全な取引を行うための整備が整ってきていると言えるでしょう。

さらに2017年7月1日には仮想通貨購入の際の消費税が廃止されたことで、便利なお金になるのでは?と注目されています。

法の整備が進むと”実態のないお金”から”決算可能なお金”だと認められるので、仮想通貨の人気や流行に繋がってきているのです。

仮想通貨はまだまだ人気がでる?大手企業が参入

DMM.comやサイバーエージェントなどの大企業が仮想通貨に参入してきたことでさらに話題を呼んでいますが、理由はそれだけではありません。

  • 2017年9月7日・GMOインターネットが参入
  • 2017年9月8日・DMM.comが参入を発表
  • 2017年10月2日・サイバーエージェントも仮想通貨事業へ

いずれもIT業界の大企業というだけで話題性がありますが、話題を呼んだのは全ての大企業が一ヶ月以内に次々と参入発表したことです。

他にも海外の超大手企業であるGoogle・Apple・Microsoftといった大手が仮想通貨と関係性があり、仮想通貨の信頼度を後押ししていると言えます。

SNSの広告や動画共有サービスであるYouTubeにテレビCMまで、目にする機会が増えてきているのも人気の一つでしょう。

仮想通貨の利用可能店舗が増えてきている

仮想通貨の一つであるビットコインの対応店舗が増えてきて、大手電気量販店などで利用できるのは魅力的です。

ビットコインの利用可能店舗状況は全国で約230社と急激に増えてきていますが、これからも増える可能性は充分にあります。

2020年のオリンピックにおける訪日外国人の増加に対応するために、小売店がビットコイン決算を導入しているケースが増えてきているからです。

今は全国どこでも使える通貨ではなく全国に使えるお店もある通貨ですが、こうした動きの一つ一つが仮想通貨の話題性や信用度を高めています。

仮想通貨バブル?億り人ってなに?

2017年7月31日に放映されたテレビ番組で仮想通貨の資産運用をしていた男性が1億円の利益をあげ、億り人と呼ばれています。

宝くじレベルのお金を稼いでいることから憧れる人も多く、仮想通貨の認知度はあがりこれまで以上に投資家達から注目を集め始めました。

億り人を紹介したテレビ番組では一人の男性のみならず3人の億り人にインタビューを行っていましたが、SNS上ではたくさんの億り人になった発言が見られています。

話題性に火がつき始めたばかりなので仮想通貨の資産運用をはじめた人も多く、キングオブコント2017の優勝者であるお笑いコンビが発言したことでも有名です。

株やFXで長年資産運用をしているトレーダー達が参入しているので、これまでより大きな規模で仮想通貨は動いていくでしょう。

仮想通貨の信頼性があがり大手企業が参入したと話題性が高いものの、一年経たずにここまで騒がれているのは一言では言い表せません。

2017年の動きを見てから2018年に動く企業も増えてくると予想されているので、2020年のオリンピックまでより大きな動きがある可能性も高いですね。

関連記事

中国での仮想通貨の熱狂と政府での取り扱いについてのまとめ

FISCO(フィスコ)について・モナコイン取扱もある取引所

仮想通貨を始めるならセキュリティ対策が1番重要な理由と選ぶ取引所とは?

しっておくべき仮想通貨取引で発生する税金

新たに生まれ変わった仮想通貨Nanoナノ(XRB)について

高機能仮想通貨のQtumクォンタム(QTUM)について解説