仮想通貨を管理するウォレットは必要?仕組みと基本情報について

ウォレットは仮想通貨の財布のようであり仮想通貨を保管しておける大事なアイテムの一つです。

ウォレットはどうして必要で持っていない人は作るべきなのか、仮想通貨初心者の方は必ず知識を身につけておきましょう。

        

  • この記事を読むとウォレットの重要性がわかる
  • この記事では仮想通貨ウォレットはどんなものがあるかわかる

仮想通貨のウォレットの仕組み

ウォレットは仮想通貨を持っていることを証明できる秘密鍵を管理している物で、ウォレットに仮想通貨は入っていません。

秘密鍵はビットコインなどの仮想通貨を支えている技術で、秘密鍵は仮想通貨を支払うための署名と呼べるものです。

秘密鍵で署名を行い公開鍵で仮想通貨を受け取る権利を得られ、二つそろえてはじめて仮想通貨を利用できます。

そのためウォレットは仮想通貨を利用するために必要なものであり、仮想通貨の正当性を証明できる物として必要なのです。

万が一仮想通貨をトラブルによって失ったとしても、ウォレットがあれば復元する事が出来ます。

ウォレットには二つの種類がある

ウォレットは管理している秘密鍵の生成のされ方で、決定性ウォレットと非決定性ウォレットに分類されます。

非決定性ウォレットはランダムに作られた秘密鍵を管理し、初期のビットコインで多く見られました。

非決定性ウォレットは全ての秘密鍵のコピーを保持してバックアップを都度とる必要があるので、今は主流ではなくなりました。

決定性ウォレットでは最初にランダムに作られたシードがあれば復元は可能で、一度バックアップをとるだけで十分。

手間とセキュリティの面で不便だった非決定性ウォレットは現在使う必要はなく、決定性ウォレットがあれば問題ありません。

おすすめの仮想通貨ウォレットは?

ウォレットは取引所が用意したシステムを利用する方法もありますが、この方法はリスクが非常に大きくオススメできません。

ハッキングのリスクが常に存在し取引所が倒産する可能性もあるので、取引所のウォレット利用はしないほうが良いでしょう。

おすすめなのはハードウェアウォレットと呼ばれるSDカードやUSBメモリに保存するタイプ、自分で全て管理できるのがメリットです。

復元のための暗証番号を保管しておけば使用しているハードウェアが壊れた場合でも、元に戻すことができます。

パソコンに保存するわけではないのでハッキング被害の心配もなく、ほとんどの方にオススメできるウォレットと言えるでしょう。

仮想通貨ウォレット一覧

ウォレットは仮想通貨と同じく種類も使いやすさも様々、どんなものがあるか知っておく必要があります。

  • インターネット上に仮想通貨データを保管するウェブウォレット
  • パソコン本体にデータを保管するデスクトップウォレット
  • スマホにデータを保管することが出来るモバイルウォレット
  • 仮想通貨データを紙に印刷しておくペーパーウォレット
  • USBやSDカードを利用して保管するハードウェアウォレット

5つのウォレットの大きな違いは何に保管するかということ、それぞれメリットとデメリットがあります。

ウェブウォレットのメリットとデメリット

ウェブウォレットはインターネット上にデータ保管がされるので、アクセスできる場所ならどこでも管理が出来ます。

自分のスマホやパソコンが壊れたとしても、インターネット環境があればいつでもどこでも見られるのがメリットです。

インターネット上に保管するということはセキュリティ面でのデメリットが激しく、誰でも簡単にアクセスできる可能性があるということ。

パスワードなどのセキュリティ強化を行ったとしても、ハッキング被害などの可能性は常にあります。

ハッキングとセキュリティの戦いは一進一退なので100%ハッキングされない保証は無いため、大きなデメリットと言えます。

ローカルウォレットのメリットとデメリット

デスクトップウォレットやモバイルウォレットは総じてローカルウォレットとも呼ばれ、利用者が使いやすい方に保存できます。

利便性とセキュリティをバランスよく両立しているウォレットで、スマホはいつでもどこでも持っているので利用したい時に利用できまよすね。

インターネットに繋げていない状態で保管や管理を行い、利用したいときだけインターネットに繋ぐ方法もあります。

デメリットは保管した端末が無ければ操作が出来ない事、ウェブウォレットと違って自分のパソコンやスマホがないと管理ができません。

バックアップを取って置かないと機種変更を行った場合にデータが消えることもあるので、ウェブウォレットより管理に気を使います。

ペーパーウォレットのメリットとデメリット

ペーパーウォレットを発行するとハッキングなどの心配はまったくなく、セキュリティの面では最高の保存方法です。

ウォレット作成費用も印刷費のみなので小額で済むのもメリット、コストやセキュリティでは非の打ち所がありません。

しかし紙に印刷する行為自体がデメリットになり、印刷した紙をなくしたり燃やしたりすれば資産を取り出すことが出来なくなります。

日常的に紙の保管を心がけている方ならとてもオススメできるウォレットですが、管理方法はしっかりと考える必要があります。

ハードウェアウォレットのメリットとデメリット

セキュリティの面から見てもペーパーウォレットよりオススメできる方法で、長期管理に非常に向いています。

初期設定をしてしまえばパソコンに繋げるだけで送金などが可能になり、豊富な種類の通貨を管理できるのもメリットです。

しかし他のウォレットと比べると利便性が低く、送金や残高の確認をする時はデバイスに接続する必要があります。

モバイルウォレットなどと比べると見たい時に見れず、USBメモリやSDカードは壊れやすく紛失しやすいデメリットも。

壊れた場合は初期設定の時に記載したバックアップフレーズを設定しなおすことで、新たに買った端末で復元することはできます。

仮想通貨をモバイルウォレットで管理するならアプリを利用しよう

GooglePlayやappstoreには複数のモバイルウォレットアプリがあり、審査を通過したアプリなので安心して利用する事ができます。

  • 複数のウォレットを1つのアプリで使い分けられるAirbitz(iosのみ)
  • アドレス帳で送金相手を管理できるBitcoin Wallet(Android版のみ)
  • LINEやFacebookを使って送金できるbitFlyerウォレット(両OSに対応)
  • オフライン管理でハッキング対策も可能なBither(iosのみ)
  • 初心者でも送受金しやすいと評判のbreadwallet(iosのみ)

他にも沢山のウォレットアプリがありますが、紹介した中でもbitFlyerウォレットは日本最大の取引所が運営しているのでオススメです。

アプリ内で仮想通貨取引も可能なので、モバイルウォレットの管理と取引を一つのアプリで行えるメリットがあります。

ウォレットアプリを利用したことが無い方でも、アプリは常にアップデートの可能性があり利便性が増すので使ってみるのも良いですね。

仮想通貨を運用・管理する上でウォレットは必要であり、自分にあったウォレットで管理することが大切です。

ウォレットそれぞれのメリットとデメリットを見比べて、管理しやすいと思ったウォレットを利用しましょう。

関連記事

韓国では実用化されている仮想通貨ICONアイコン(ICX)とは

仮想通貨でも外貨FXのようなレバレッジ取引は出来るのか?

仮想通貨を始めるならセキュリティ対策が1番重要な理由と選ぶ取引所とは?

仮想通貨の支払いに対応する店舗での実際の使い方について

高機能仮想通貨のQtumクォンタム(QTUM)について解説

仮想通貨ICOのプレセール情報とは?プレセールの意味と情報の探し方