仮想通貨のトークンとは何?通貨とトークンの違いについて

仮想通貨を知っていくとトークンという単語が出てきますが、仮想通貨におけるトークンは特定の何かを定義した物ではありません。

仮想通貨は全てが貨幣のようなものでトークンも仮想通貨も厳密に区別しているわけではありませんが、どんな違いがあるのでしょうか。

  • この記事では仮想通貨のトークンはどんなものかわかる
  • トークンを利用することのメリットとデメリットがわかる

仮想通貨のトークンとは一体どんなもの?

仮想通貨におけるトークンは既存のブロックチェーンから発行されているもので、ビットコインなどと同じく取引が出来ます。

トークンは仮想通貨上の定義がとてもあいまいな物なので、トークンとはこういう物!と決まっているわけではありません。

取引できるといってもZaifトークンのように価値をつけなければ、日本円などとトレードすることはできません。

トークンは誰でも発行することが可能なので、保有者に特典をつけたりしないと通貨としての価値が生まれないというわけです。

持っていれば誰でも同じ価値がある仮想通貨と違い、トークンは保有者によってはまったく価値がない物にもなってしまいます。

仮想通貨とトークンの違いとは

実は仮想通貨とトークンは本質的にはまったく同じであり、仮想通貨の中にトークンがあると考えてください。

仮想通貨にはカレンシータイプと呼ばれる通貨タイプとアセットタイプと呼ばれる資産タイプがあり、トークンはアセットタイプになります。

  • カレンシータイプは発行数上限が決まっていて流通量も自動的に決まる
  • アセットタイプは採掘が出来ず売買取引のみで開発者が管理している

トークンは開発者が管理しているので取引の証明は開発者と関係者が行うため、めったに発行数が増えないのが特徴です。

発行数と流通量も開発者が保持するので普及活動はユーザーではなく開発者が行いますが、その分普及度は低めになります。

アセットタイプはカレンシータイプと違って自身で取得することは出来ず、売買取引のみなので株式に近い物と考えて良いでしょう。

持っているだけで世界共通の価値があるのが仮想通貨、保有していても特定の企業にのみ価値があるのはトークンです。

トークンはどういう時に使われるのか

トークンはビットコインなどの仮想通貨と違って何かのサービス内で利用できるポイントのような存在です。

リップルコインなどはトークンになり、通貨を交換するサービス内の橋渡しが出来るポイント制度と言う事になります。

新しいサービスを開始したり立ち上げたりする時に資金集めとして利用される事もあり、株式に近いと言われる部分です。

証券会社を通さずに自社で発行や管理が出来るので、株式と比べると企業側にメリットがある仮想通貨と言えるでしょう。

仮想通貨にもトークンにも興味があるけどおすすめは?

基本的にトークンの価値は発行した企業の価値で変動するので、トークン選びは仮想通貨選びより難しいと言われています。

手元にあるトークンが一億円の価値があっても一時間後に倒産したら資産価値は0、それほどにリスクが高い物です。

  • トークンの発信元の信頼性が高いか
  • 上場しているトークンであるか
  • 選ぼうとしているトークンに将来性があるか

倒産の危険や企業としての信頼度が高いトークンであれば安心できるので、3つの目安を参考に選んでいきましょう。

知名度で言えばZaifトークンが勧められることも多いですが、2017年8月に大暴落したこともあり難しいトークンになってしまいました。

仮想通貨やトークンで一攫千金を狙いたい方にはZaifトークンはオススメできますが、リスク回避をしたい方は他のトークンを利用しましょう。

仮想通貨もトークンもハイリスクハイリターン

2017年8月だけでなくこれまでに何度も大きな変動をしてきたZaifトークンですが、同じ月に価格が高騰しています。

大暴落の切っ掛けはZaifトークンを持っているとCOMSAトークンが配布されるとの噂が一人歩きし、買い手が殺到したのがきっかけです。

その後ZaifがTwitterでCOMSAとの連携予定はないと発表した途端に大暴落、しかし数日後に正式にCOMSAとの連携を発表して高騰しました。

Zaifトークンだけではなく仮想通貨は全体的にハイリスクハイリターンなので、リスクをメリットと捕らえて変動の激しいトークンを選ぶのも一つの方法です。

高騰や暴落を予測するには知識と経験が必要になってくるので、ビットコインなどと比べるとトークンは初心者にはオススメできない存在と言えます。

トークンを利用するメリットは?

トークンはお金のやりとりという枠を超えた取り扱いが可能な仮想通貨なので、ビジネスそのものを販売できるメリットがあります。

仮想通貨ユーザー側にメリットがあるというよりは発行者側にメリットがあり、将来的に付加価値がつく可能性があると言えるでしょう。

  • ゲーム内課金アイテムにトークンを利用する
  • ブログでトークンを販売して記事を商品として売る
  • クリエイターが発行したトークンを持っていると制作依頼が出来る

トークンは見直してみても株式に近いと再確認でき、所有していることで株主優待を受ける感覚に近いです。

将来性のあるトークンに投資しておけば安く買って高く売る、資産運用や投資の基本的なメリットを受けられるでしょう。

無名に近いトークンはすぐに価値を失う可能性が高いので、トークン初心者は安定性のあるトークンを利用しましょう。

トークンならではのデメリット

トークンのデメリットは事業者側と投資者側でまったく違いがあり、共通しているデメリットは規制を受ける可能性があることです。

事業者側のデメリットは影響力のある人物が参加していないと価値があがらず、認知度をあげるのがとても難しいと言えます。

一定の社会性や公益性がないと価値が上がりにくいのもデメリットですが、流通範囲や利用域が広がりすぎると規制を食らう可能性も。

投資者は株主のように事業モニタリングをすることが出来ず、何をしているかわからないまま意見をすることも出来ません。

上場したとしても普及率が低いと価値があがらず配当がないデメリットもあり、株式との大きな違いと言えるでしょう。

前評判が良くてもフタをあけると価値がまったく上がらないのはトークンではよくある話なので、必ず価値があがるトークンは見極めが大切です。

仮想通貨とトークンってどっちが良いの?初心者はどっちを利用するべき?

仮想通貨初心者や投資初心者は有名な仮想通貨を利用するのがオススメ、ビットコインや有名なアルトコインを利用するほうがリスクが少ないです。

トークンの魅力はビジネスや事業の価値を売れることなので、クラウドファンディングと株式投資が混ざると楽しそうと考える方には良いでしょう。

現状ではトークンと仮想通貨の明確な違いはありませんが、トークンという存在は可能性と新しい取り組みが詰っています。

事業や仮想通貨の未来に投資したい方にはトークン、仮想通貨で小額の利益でも良いから出したい方にはビットコインや有名アルトコインをオススメします。

本質的には同じ物でも将来性と可能性はまったく別方向を向いている、それがトークンと仮想通貨の違いです。

どちらの存在も普及率と今後の展開で可能性が広がっていくので、じっくりと動きを確認しながら運用していくのも良いですね。

関連記事

仮想通貨のメリットとデメリットについて・良いことばかりではない?

仮想通貨のマイニングはどうやって始めるのか?使用ソフトと使い方

アルトコインとは何?ビットコイン以外の仮想通貨も注目

Bitcoin Goldビットコインゴールド(BTG)で改善された問題点とは

OmiseGOオミセゴー(OMG)なら決済に革命が起きる?

高機能仮想通貨のQtumクォンタム(QTUM)について解説